「フェラチオして」と言えなくて「チンコくわえて」と言った。どっちが卑猥だろう

「フェラチオして」なんて卑猥な言葉は彼女には言えない

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
30歳 パート店員東京 葛飾区東京 2016年10月23日

真面目そうな30歳の女性と出会い系で知り合った。

きりっとした目をしていて頭もキレそうな女性。スーパーマーケットのサービス窓口を担当しているようだが、与えられた仕事をてきぱきとこなしそうな感じがする。

メールの返信もマメで、ほぼタイムリーにネット会話できた。

だがそれが裏目になることも。

先走っていろんなことを考え、気を遣ってくれることもあり大変うれしいが、もう少し気楽に考えてもいいのにと思った。メールの返信が早いのは嬉しいが、その分こちらも素早く返事を書く必要があり、気が休まらない。30歳になるまでほとんど男性関係がなかったのも、そのせっかちさが原因ではないか。

しかし何となく通じるものもあり、交際を始め、肉愛関係にまで発展した。

2回目のラブホテル。

セックスだけでは物足りないのでフェラチオしてもらいたかったのだが、言いにくい。

「フェラチオ」という卑猥な言葉が彼女に似合わないのだ。だから「フェラチオして」などと安易に口にできない。

でもしてほしい。

経験豊富な女ならば頼まなくても率先してやってくれるものだが、彼女はだいぶ奥手のようだ。前回のセックスで高齢処女を捨てたばっかりだったので無理もないが。

「チンコくわえて」と言ったら真っ赤な顔をしてむこうを向いた

考えてみたら別に「フェラチオ」を口にしなくてもいいのだ。もっとほかの言い方でこちらの願いを伝えられたらそれで事足りる。

セックスを始める前、俺は彼女の髪の毛をなでながらこんな風にお願いしてみた。

「あの・・・チンコくわえてほしいんだけど」

「はあ?」

「チンコくわえて」

その瞬間、彼女は顔を真っ赤にして顔をむこうに向けた。

「そんな卑猥なこと、できません」

卑猥?

卑猥な言葉を避けてそう言ったはずなのだが、彼女は「チンコくわえて」が卑猥に思ったようだ。

でも彼女は持ち前の真面目さから俺の願望を放っておけないと思ったようで、10分ほどして顔をゆがめながらくわえてくれた。おそるおそるくわえたり離したり軽く吸ったりするだけで一向に気持ちよくならないフェラだったが、とりあえず願いはかなえられた。

「ありがとう、もういいよ」

静かにそう言った。

しかし彼女は情報収集してテクを学びだしたのか、次回からメキメキと上手になっていった。

今では卑猥な言葉を口にしなくても、率先してやってくれるようになった。

彼女の性格を語るにふさわしいエピソードだと思う。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!

PCMAXの出会い体験談




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ