いつも穿いている安っぽい下着こそ、人妻の勝負下着だ

ラブホテルでお披露目された高価な勝負下着

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
37歳 主婦北海道 札幌市happymail 2019年4月12日

出会い系で若い男を漁る人妻は萌えている。

女として見られたい。女として感じたい……失われた若い性(セックス)を取り戻さんと、無理やり女の花を咲かせる。

この回春願望が昂じると、必要以上に自分をセクシーに見せようとする心理が働く。数万円もするような高価な下着を身に着けて勝負をかけてくる人妻もけっこういる。

いわゆる勝負下着というやつだ。高くエレガンスな下着を身に着けただけで、何倍もいい女になったような気になるのだろう。

先日札幌市内で密会したハピメの人妻がそうだった。短期交際を条件に身体の関係になることを約束したのだが、ホテルで脱いでもらったらセクシー女優が身に着けるような勝負下着で先制パンチを仕掛けてきた。

37歳という年齢には決して似合わないその下着は、やや浮いて見える。

「き、綺麗ですね」

「どこがあ?」

「お尻、かな」

「ふううんっ……ヒップに触ってもいいのよ」

その人妻は萌えていた。

人妻の自宅で見た安っぽい綿パンに興奮

ところがそれから数日後、俺は本物の勝負下着と遭遇することになる。

二度目のデートは人妻の自宅だった。夫は単身赴任で大阪にいるので、自宅でも全く問題ない。

「旦那が家にいても寝る場所は別々だから、夫婦の寝室ってのがないのよ……このダブルベッドは、いつのまにか私のベッドになっているわ」

急に決まった自宅デートだったので、人妻はこの前のような勝負下着を用意する時間がなかったようで、衣服を脱ぐと安っぽい綿パンが登場した。

「やだ……恥ずかしいわっ ふだんの私が丸見えね」

俺は超興奮したよ。人妻が穿く綿パン……。これぞ俺がこよなく愛する生の人妻なのだ。

「いや……そのパンティがいいです。それ好きです」

「これのどこが……2枚で890円なのに。この前のスキャンティは1枚で税込み12,960円よ」

「安いほうが人妻の匂いがするんです……あの、お尻に触っていいですか」

「構わないけど」

俺は人妻の尻の湾曲に張り付いた綿の感触を味わった。家の中に隠れ、悶々と外をうかがっている欲求不満人妻の感触がそこにあった。

人妻はふだんの下着で勝負をかけるべきだ。

札幌のその人妻に出会って、そのことを痛感した次第。

今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ