お姉さまから逆ナンされて遊ばれた僕

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
36歳 社会保険労務士山梨 甲府市PCMAX2016.07.17

最初は買い物につき合ってほしいと言われた

僕は今年で28歳になるサラリーマン。年下の可愛い彼女がほしくて出会い系に登録し、日々相手探しに一生懸命だった。

会ってくれる人が見つかったらどこでどんなデートをするかまで決めていた。いきなりラブホなんてありえないから、映画や美術館などを中心にデートコースをイメージしていた。

ところが36歳の女性から連絡が来たのだ。

「別に交際してくれなくてもいいんだけどさ、買い物につき合ってほしいんだけど」

「何の買い物ですか」

「君くらいの年齢の弟がいるんだけど、誕生日にネクタイ贈ろうと思ってね、一緒に選んでほしいんだ。首に巻いてみたりして確かめたいし」

一瞬これは逆ナンかと思ったが、買い物につき合うくらいなら逆ナンではないだろう。

買い物に付き合ってもらう相手を探すのに出会い系を利用するなんて、うまいことを考えたもんだ、などと感心しながら会いに行った。

気が付いたらお姉さまの性処理のお手伝い

でも実際に会ってみると、買い物ではなかった。

「やっぱりネクタイやめようと思って」

「じゃあ何をプレゼントするんですか?」

「うふふっ! 考え中・・・」

甘い目で僕を上目づかいに見る。明らかに誘惑目線で、どきっとした。

「じゃ、じゃあ僕はもう用済みですよね」

「ついでで悪いけど、腰が痛いからマッサージしてほしいんだけど」

「どこで」

「ホテルがいいかな。横になりたいし」

「ホ、ホテル? まずいでしょう、それ」

「腰揉んでもらうだけよ。変なことしなきゃいいの」

そんなわけでラブホに連れ込まれた。うつ伏せになった彼女の腰を揉むと、変な声を出してきた。

「ああんッ! あああん  いいいわあ」

そんな声を出されたらまずい。我慢できなくなるではないか。

腰や背中の肉は柔らかく、スベスベしており、お尻もぷっくり丸く、太腿も肉感的。

―セックスしたい―

僕はその衝動を抑えきれず、彼女に抱きつくと、勃起したものを丸い尻にこすりつけた。

「ふうん・・・・あん 優しくしてねええ」

それから行きずりのセックス。

彼女とはセフレの関係になり、週一の割合で性処理のお手伝いをさせられている。

見事に僕を逆ナンした彼女。

ちなみに彼女に弟などいなかった。笑。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!

PCMAXの出会い体験談




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ