ちょっと待って。顔パスする前にもう一度考えてみよう

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
23歳 ペットショップ勤務千葉 市川市ワクワクメール2016.07.09

最悪、顔パスという手があると思った

僕が出会い系にデビューしたのは2か月前のこと。目的はもちろん恋人かセフレのゲット。どうせならうんと可愛い彼女が欲しい。不安と期待にむねを膨らませ、新入生のような気分で出会い系へ。3日ほどで地元に住む20代前半の女性と知り合った。

「動物が好きで、ペットショップで働いています。自宅にも猫が2匹います」

写真は載せていないので勝手に想像するしかないが、動物が好きなのなら優しい性格をしていることは確か。性格は顔に出るというから、顔もそこそこ可愛いに違いない。僕は頭の中で彼女の肖像画を描いた。

「僕と会ってくれますか」

「いいですよ。とりあえずお茶しましょう」

でも写真を送ってくれとは言えなかった。

彼女も僕の写真を要求してこないし、こういう場合写真の請求をしないのが出会い系のマナーなのかもしれないと勝手に考えて会いに行った。

最悪、顔パスという手がある。

僕は待ち合わせ場所にゆっくりと近づいた。

顔パスはだめだ。絶対にしてはならない

待ち合わせ場所は駅前のコンビニだが、僕は直接その場所に行かずに遠くから観察した。せこいとは思うがオペラグラスを持参していた。

ピンクのブラウスを来てブルー系のバッグを持っていますというメールを受けていたので、すぐに見付けられた。彼女は車道を向いて立っていた。

―はずれだ・・・くそ―

頭の中で描きあげた肖像画とは全くちがうばかりか、どちらかというとブスの部類に属すだろう。意気消沈してゆっくりとオペラグラスをしまう。

―顔パスさせてもらうよ、ごめんな―

僕は来た道を引き返しながら、どんなメールを打とうかと考えた。「急用ができた」がいいか「元カノと寄りを戻した」がいいか。

そのとき犬を散歩させるご婦人とすれ違い、ペットショップで働く彼女のことを思い出した。性格は絶対に悪くないはず。僕はもう一度顔を見てみようと思った。慌てていたから別の女性を見たということもありえるし、光の加減でブスに見えた可能性もある。

待ち合わせの時間から既に15分経過していた。

―やっぱブスだ。何度見ても同じだ―

でも。

彼女は不安気に通りを見ていた。近よって来る人をガン見しては唇をすぼめて下を向く。時計やスマホを見る。そわそわと落ち着かない。視線も定まらない。

LINEが飛んでくる。

「今どこですか。急用ができたのなら正直に言って」

もしかして顔パスされたと思っている?

かわいそうになってくる。

「顔は神さまが与えたもの。世界でふたつと同じ顔はない」

そんなことを昨年死んだばあさんが言っていたっけ。

僕は考えを改め、待ち合わせ場所に走った。

今では彼女は僕の恋人。

性格は合うし、セックスの相性もいい。

僕を一生懸命に愛してくれて、どんなプレイでも応じてくれる。優しい性格だが、性欲も旺盛。楽しく交際している。

みなさん、顔パスだけは絶対にやっちゃいけないよ。

相手がどれだけ傷つくか。

それに会ってみたら以外にいい女だったりするもんだ。

さあ、世界にひとつだけの顔に会いに行こう。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!

管理人のサイトレビュー  管理人の出会い体験談




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ