ついに見ちゃった! キュートな彼女のピンクマンコ

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
26歳 文具店勤務大阪 大阪市PCMAX2016.08.06

男なら憧れるピンク色のきれいなマンコ

1ヶ月ほど前に某出会い系サイトに登録した。

目的は素敵な彼女を作ることだった。

だがロジックツリーで分解していくように目的を掘り下げていくと、ある物体に行き着く。「彼女が欲しい」なんて建前に過ぎないことが自分でもわかってしまい恥ずかしくなる。

掘り下げて分析した結果、俺の目的はピンクマンコに行きついた。

ピンクマンコが見たい。

ネットにはピンクマンコ画像があふれているが生で見たことがない。童貞はソープランドで捨てたが、必死だったし緊張していたからピンクマンコをじっくり鑑賞できなかった。

だからじっくり見てみたい。

非常に不謹慎だが、ピンクマンコを見ることが俺の出会い系に登録した真の目的なのだ。

君は笑うだろうが、君だって同じだろう?

若い娘のピンクマンコを見たくないとは言わせないぞ。男なら見たい、触りたい、舐めたいと思うはずだ。

ああ、早くピンクマンコに会いたい。

そっとバスタオルを取って、脚を開いて、そして

大阪市内の小さな文具店で店員をしている女に出会った。店主の姪にあたる人らしい。薄給だが楽なので高校を卒業してからそこで働いている。

地味な感じだが、それは文具店という地味な環境にいるからであり、派手な場所に行けば派手な女になれそうな予感のする、柔軟性のある女に見えた。見方によってはキュートな感じもする。男に対しても寛容で、ちょっとしたことではびくつかない。だからいきなり「ホテルに行こう」と誘っても、動揺することはなかった。

「どうせそんなことだと思ったわ」

と軽快に笑う。

―いよいよピンクマンコに会える―

俺は歩きながらズボンのテントを鞄で隠した。

シャワーのあとベッドイン。

俺はふるえる手で彼女のバスタオルをはずした。恥丘の毛が盛り上がっていた。そして股を開く。

そこにはむっくりとした薄ピンク色の陰唇があった。その唇を開く。するときれいなピンクマンコが出現したのである。

初めて見る生のピンクマンコに興奮。

胸がどきどきだった。

俺はそれから長い時間かけてピンクマンコを舐めまくった。何度触っても何度舐めて飽きなかったな。彼女からもうやめて、とガチで起こられるまでピンクマンコで遊んだよ。

「あんたが出会い系に何しにきたんかようわかるわ」(笑)

その通り、俺はピンクマンコを求めて出会い系に来た。

でも悪いことじゃない。

出会い系をどんな風に利用するか、それは本人の自由だ。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!

PCMAXの出会い体験談




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ