なかなかセックスできない童貞と処女がエッチ突入したきっかけ

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
10代後半 女子大生東京 練馬区YYC2016.09.29

ベッドインしてるのに、なかなか始まらないセックス

出会い系で東京都内に住む女子大生と知り合った。僕も大学生で、偶然だけど同い年だった。20歳になったばかりの大人初心者。何度かデートを重ねるうちに彼女が彼氏いない歴20年ということがわかり、処女である可能性が高くなった。僕も童貞だから、もし本当なら望ましい関係だ。ある日、そのことを確かめてみた。

「正直に言って。処女なの?」

「そうだよ」

「僕も童貞だよ」

「そうなんだ・・・」

ほっとしたようながっかりしたような、どちらともつかない笑みを浮かべる。僕はできれば君とセックス体験してみたいと言った。二人で一緒に初体験するなんて素敵じゃない? 最初へらへら笑うだけだった彼女だったが、それから約10日後、ホテルに行くことをOKしてくれた。

お互いお金がなかったので、ネットで調べてなるべく安いホテルを選んだ。フリータイムで休憩2500円と格安。少し古かったけど、セックスする分には申し分ない。

きちんと身体を洗い、枕元にコンドームも用意していざベッドイン。

でもなかなかエッチ突入できない。

お互い未経験だからタイミングをつかめない。一応キスはしたけどそれ以上続かない。断続的にキスばかりして30分ほど過ぎる。

隣の部屋から聞こえてきたアヘ声に興奮した二人

実は恥ずかしい話、初キスだったんだ。だからキスしただけでドキドキして満足してしまい、それから先に踏み込めない。しばらく時間をおいてもう一度キスを味わおうと唇を重ねる。ああ、やっぱり女の子の唇は美味しい、なんて感激してしばらくその余韻に浸る。その繰り返し。

彼女も初キスだったようで、似たようなもの。キスすればするほど顔が紅潮し、目がトロンとして、キスだけで満足している風。

ところがあることがきっかけで流れが変わった。

ある出来事がエッチ突入を決心させたのだ。

「ああぁぁンッ!・・ああッ、あッ・・・ううっ、いや!」

隣の部屋から女の声が聞こえてきたんだ。建物が古いから筒抜け。女の声は時とともに激しくなり、オーガズムに向かって突き進んでいるのが明らかだった。

その声に興奮し、僕はいよいよエッチ突入を決めた。

乳を揉み、舐めた。陰部に手を伸ばし、ところ構わずこする。彼女もその気になったか、目を閉じて僕の頭を抱え込んだ。

そして声を出した。

「ウッ・・・・アアァ・・・ン」

隣の部屋の女ほど動物的ではなかったが、その声に興奮しエッチにのめり込む。

童貞と処女は同時に大人になった。

隣の女のアグレッシブなアヘ声のおかげだと思っている。

今回の利用サイト [YYC]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ