ま○こにハチミツぬって舐める俺は変態か

アダルト掲示板で出会った女にお願いしたこと

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代前半 不明奈良 奈良市pcmax 2019年1月23日

ま○こが好きで、出会い系のPCMAXのアダルト掲示板でナンパした女のま○こを暇さえあれば舐めている。俺のアパートで、ラブホで、車の中で。こないだは真夜中の公園のジャングルジムの中で舐めた。女といるとま○こを無性に舐めたくなる。

「ほとんど病気の変態さんね……」

「俺もそう思う」

いくらま○こ好きといっても、ここまで変態的な男もいないだろう。デートはセックス目的のセックスデートだから、しょっぱなからセックスを始めるし、その際、ハグもキスもせずにま○こ舐めるし終わったら舐めるし、しょうもない。変態というより、ま○こ中毒患者に近い。

その女にお願いしたことがある。

「ま○こにハチミツ塗って舐めていい?」

女は冷めた目でこう言った。

「少しおかしいんじゃない?」

「頼む」

「一回だけよ」

ま○こにハチミツ塗ると味が薄くなるのはなぜか

蝶は甘い蜜を求めて花から花に飛んでいく。花はま○こ、そして俺は蝶だ。そんなファンタジックなことを考えながら、毛の生えた土手にハチミツを垂らし、素手で引き延ばした、べたついた指先は恥丘の毛にこすりつけてぬめりを取る。抜けた毛が指に張り付く。それを摘んで床に捨てる。

鼻を近づけて匂いを嗅ぐと、酸味に甘みが混じった芳香が鼻に来た。

「蜜を頂きますよ、お花さん」

「お花さん? あはは、わたしは花か、花子だね」

ベッドに仰向けになった彼女が股を広げたまま言う。ハチミツを塗っている間、自分で乳首を転がして感じていたので、ま○こは十分熱くなっていた。

そっと舌を這わせる。

いつもと味が違うのは当然だ。いつもは少々塩味と酸味のあるジュースだったが、そこにハチミツが加わり、高級感のある仕上がりになっている。

だがハチミツなのに甘みが足りないのはなぜか。塗る前に指先で舐めてみたが、こんな薄味ではなかった。

(まん汁のせいかもしれない)

愛液で薄まったのだ。それはほどよい甘みをもたらし、クンニにも熱が入った。その甘みがなくなるまで、舐め続けた。

ま○こにハチミツを塗って舐める俺は変態だろうか。

それからセックスしたが、ま○この中の感触もいつもと違う気がした。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ