まじめそうな女子大生にごっくんしてもらった体験

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
10代後半 女子大生宮城 仙台ハッピーメール2015.09.13

まじめそうな女子大生見てるとムラムラする

2回目のデートでキスした。
彼女は出会い系で知り合った女子大の2年生。
彼氏がほしくて出会い系に来たらしい。
意気投合し、交際を始めた。
「ゥ・・・・ン」
ディープキスをしてあげると、彼女の瞳が甘くとろけた。
まじめそうな女子大生だったが、そのときは少々やらしい目をした。

会ったときからしたいと思ってた。
俺、まじめそうな女子大生を見るとむらむらする。
特に今日はむらむらする。

実は俺、女性にごっくんしてもらうことに歓びを感じる男だ。
彼女にごっくんしてもらいたい。
ずっとそう思っている。

「ねえ、私のこと好き?」
と彼女。
「好きだよ」
「これからも好きでいてくれるんなら、私、あげてもいいわ」
 ディープキスでセックスの予感がしたんだろう。
 決意表明してくれた。

ごっくんと中出しは同じ快感をもたらす

 生セックス。

彼女が処女じゃなかったのはが残念だけど、生挿入OKになったので許そう。
女の生の膣肉でピストンを楽しむ俺。
「あぁ!イ、イヤ・・・アァァッ!」
気持ちいい。
まじめそうな女子大生と生セックス。
こんな歓びがほかにあろうか!

「でも中出しはだめだからね。絶対外に出してね」
「わかってるよ。俺だって紳士だ」

さっきの会話を思い出す。
でもこの興奮、途中で止められそうにない。
いったん射精モードに入ったら、一気に出してしまいそう。
この辺でお願いしてみるか。
上手にごっくんに持ち込むんだ。

「なあ、本当にだめ?中出しだめ?」
「だめよ・・・ああッ・・・ウウッ・・だめだめ」
「だったらごっくんしてくれ」
「ごっくんって何」
「精液を口から飲み込むことだ」
「やだぁ」
「だったら中出しだ。中出しとごっくんと、どちらかを選べ」

 女性はごっくんを選ばざるをえない。
 精子を子宮に入れたら妊娠する可能性があるが、
 胃の中に入れても絶対に妊娠しない。

 うまいことごっくんに持ち込めた。
 
彼女、しかめっ面して、いかにもまずいものを飲み込むようにごっくんしてくれた。

ところでごっくんは、ほぼ中出しと同じ快感を男にもたらす。
「精子を女性の体内に入れたい」
という本能を満たせるんだ。

生の膣肉でピストン射精+女性の子宮に精子を入れる快感
が中出しの歓びとしたら
唇と口内の粘膜でピストン射精+女性の胃に精子を入れる快感
がごっくんの歓びなんだ。

どうだ、似てるだろう。

君もごっくんしてもらいな。
きっと俺の言っていることが理解できる。

今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!

管理人のサイトレビュー  管理人の出会い体験談




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ