やせ我慢の30歳ロストバージン

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
30歳 クリーニング店勤務埼玉 上尾市PCMAX2016.07.07

出会い系でロストバージンする女の子って多いの?

30歳になる独身女性とPCMAXで知り合った。僕が27歳だから3歳上。年下もいいけど、年上女性の包容力も好き。なんとなく意気投合して交際が始まった。

その女性はクリーニング店で働いているようで、さばさばして明るい。僕にとって素敵なお姉さまだった。

ある日お姉さまが妙なことを言った。

「出会い系でロストバージンする女の子って多いのかしら」

「セックスが初体験だったら、出会い系だろうとどこだろうとロストバージンになるでしょうね」

「そうよね。出会い系でロストバージン、なんて言い方は変よね」

お姉さまがなぜそんなことを言ったのか、やがて明らかになる。

目を閉じてアヘ声も出さぬまま

お姉さまと初めてラブホテルに行ったのは出会って1ヶ月後のことだった。自然に手をつなぎ、自然に唇を重ねたあとのことで、決して無理に体を奪おうと思ったわけではない。ちまたに雨が降るように、風が吹くように、ふたりはラブホで結ばれた。

長めの前戯のあと、コンドームをつけた勃起ベニスを挿入。狭くて入れにくかったけど、強引に差し込む。

「くうう・・・・」

お姉さまは苦し気に目をぎゅっと閉じる。腰を引き、僕を遠ざけようとする。

逃すまいとピストン。

「くく・・・うう」

ふと結合部分を見た。

出血。

そのときは血の意味を理解しようとしなかった。もしかしたら処女だったのかな、なんて漠然と思ったけど深く考えなかった。とにかく射精したくてたまらなかったのだ。

射精はしたものの、お姉さまは少しも気持ちよさそうではなく、痛い治療を終えた患者のように脂汗をかいていた。

そのとき初めて出血の意味を知った。

でも「処女だったんですね」とか「ロストバージンしたんですね」とかはなぜか口にできなかった。お姉さまもそのことには一切触れず、出血の手当てをし、まるでクリーニング店にいるかのようにさばさばと汚れたシーツをはぎ取った。

その日はずっと無口だった。

あれから何回かセックスしたけど、お姉さまはそのことには一切触れない。

僕は話題にしたいのだが、なかなか難しい。

高齢処女のロストバージンってのは複雑のようで単純のようで、距離感がつかめず、どのような言葉をかけてあげればいいのかわからない。

「痛かった? でもすぐによくなるよ」

これは若い女性むき。

「君も大人の女になったんだね」

これなんて10代女性への言葉だ。

「やっと女になったんですね」

これは失礼だろう。

結局お姉さまには何も言葉をかけていない。

まあいいか。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!

PCMAXの出会い体験談




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ