オバギャル出会い系で狂い咲き

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
47歳 図書館員岐阜 岐阜市YYC2016.07.31

オバギャルの異様な可愛らしさにそそられて

出会い系でオバギャルを見つけた。異様だったが、人をワクワクさせるものを持っていた。

地味で平凡な花ばかりが並ぶ花壇に、いきなり派手な花が狂い咲きしたような感じだった。自称47歳らしいが、髪型、コスメ、つけまつげ、身につけている服はまるで20代前半。それがまた何気に似合っているところが凄い。

―可愛いおばさんだ―

なぜかそそられた。

そのオバギャルに会って損はないと思うようになった。うまく説明できないが、男の心の中にときどき痒みや痛みをもたらす原因不明の痼があったとしよう。いろんな薬をためしたが効かない痼。だがそのオバギャルの薬を使えば一気に快復しそうな気がする。そのオバギャルなら、男の心の中の痼を解きほぐし、上手に安定させてくれる。そんな気がした。

連絡したら、会ってくれるという。

「私に連絡してきたのは貴方だけよ。チュッ! (投げキッス)」

少しだけ嫌な予感がした。

どんな風に付き合えばいいのかわからなくなる

オバギャルは目の前に座っているのだが、顔を直視できない。

可愛くてキラキラしているから照れくさくて見れない、のではない。不細工だから見たくない、のでもない。

可愛いらしくまとめたコスメの隙間から、47歳の肌がのぞくのが怖いのだ。要は「やっぱ40代の女なんだな。歳には勝てないな」そう思ってしまうのが怖いのだ。きっとそのとき、彼女は相当老けて見えることだろう。俺は年齢と見た目のギャップに恐れおののくことだろう。

「私とエッチしてくれるんでしょう? そのために来てくれたのよね? ね? ね?」

口調もギャル。

胸を見ると若い女のようにパンと張っている。

少し欲情し、セックスしてみてもいいかと思い、ホテルに行った。

服を脱ぐと胸は寄せて上げているだけだった。実際はCカップ程度のオバ乳。ブラをとるとだらんと垂れ下がり、乳首もふて腐れて見える。

それでもラブホに来た以上セックスしなければ損なので、俺は服を脱いだ。

彼女のセックスには可愛げがなかった。恥部を隠すことなく俺に近寄ってきて「おちんちん欲しいわあ」などと言う。20代前半の女性はそんなお下劣なことは言わない。

まんこもグロく、緩かったが、唯一ラッキーだったのは中出しセックスOKだったことだ。

だがオバギャルと付き合うのは難しい。若いように見えるが実際は年寄り。年寄りだけれど、すごく若く見える瞬間がある。どちらにフォーカスを当てればよいのか。

庭の花壇に植えておき、たまに鑑賞するくらいがちょうどいい。

2回目のセックスは遠慮した。

今回の利用サイト [YYC]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ