サセ子の香織ちゃんはほとんど肉便器

いつでもどこでもさせてくれる寂しがり屋のサセ子

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代前半 不明長崎 長崎市yyc 2019年2月18日

サセ子とは、文字通りすぐにやらせてくれる女のことを言う。似たような生物に「やりまん」がいるが、サセ子は草食的で受動的。やりまんは肉食系で能動的。両者には大きな違いがある。

俺はいま、YYCで拾ったサセ子の香織ちゃん相手にやりたいときにセックスしている。顔もいまいちで、体も決してナイスとは言えないが、文句なしでやらせてくれるので、いつもそばにはべらせている。

基本寂しがり屋なので、香織ちゃんもそばにいたいようだ。

「いつも俺のそばにいて、やりたいときにさせてくれ」

「うん、いいよ」

まるで携帯トイレだ。その意味で香織ちゃんはすでにサセ子の境地を飛び超え、肉便器の領域に入っている。

俺は精子がたまったら、香織ちゃんの下半身の「便器」に射精してすっきりする。最近のトイレのように水が流れてウォッシュレットが噴射されたらもっといいが、さすがとそれはない。

だんだんと面白みがなくなるサセ子との緊張感のないセックス

そのサセ子(肉便器)をそばにはべらせてもうかれこれ二カ月になるが、最近面白みがなくなってきた。

何というか、緊張感のようなものが完全になくなったんだな。

ほら、男女の間には、どんなに親しい仲であっても、ホテルに誘うときとかセックスを始めるときとか、独特の甘酸っぱい緊張感があるだろう。最初のころは香織ちゃんとの間にもそれがあった。最新のトイレで用を足すときのような緊張感やワクワク感があった。

しかし今ではそれがない。

使い慣れたトイレで用を足すときみたいな、ほとんど機械的に事を済ませるだけ。用を足したときどんな風な所作で行い、どのくらいトイレットペーパーを使ったかなんてすぐに忘れてしまうような、あの感覚が来たのだ。

美人でナイスな体をしているのならまだましだろうが、香織ちゃんにそれは期待できない。

「ずっとそばにいていいんでしょ?」

香織ちゃんがパンティを穿きながら甘えた口をきく。

「いいよ」

とは答えたが、そろそろおしまいにしようかと考えている。

同じサセ子(肉便器)でも、最新バージョンに機種変更したい。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ