セックスレス主婦相手に「夫婦の営み」擬似体験

昔はこんな風に誘われたのよ「ママ今晩どう?」

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
38歳 主婦東京 江東区pcmax 2020年5月29日

出会い系にいる人妻はたいていセックスレスで欲求不満が溜まっている。その欲求不満を解消しに出会い系に遊びに来る。夫婦の営みが満足に行われている人妻は、そう簡単に浮気しない。

いまセックスフレンドとして交際させてもらっている人妻も、セックスレスで悩んだ結果、PCMAXに登録した。サイト内でメール交換していたころから、人妻はいろいろ愚痴をこぼしていた。その中でやはり夫婦の営みがここ数年ないことを嘆いていた。

「僕が夫婦の営みを代行しましょうか」

夫婦の営み、という言葉にぐっとくる。誰も見ていないところでこっそりと性処理をする夫婦。それはどんな風に始まりどんな風に終わるのか、擬似体験してみたい。

その人妻とはほどなく会うようになり、すぐに体の関係になった。人妻はセックスしに出会い系に来ているのだから、おのずとこうなる。

「昔はこんな風に誘われたのよ『ママ今晩どう?』って」

ホテルの部屋に入ったとき、そんなことを言われた。

なるほど。

断ることもあったらしい……セックスレスになるわ、そりゃ

「ママ今晩どう?」

俺は人妻にこっそり声をかけた。

「違うわ……そんな風に真正面から言わないのよ」

人妻の話では、お醤油が置いてある場所を聞くような口調で、さりげなく言うのらしい。二度三度聞き返さないとわからないくらいの小声で。もちろん顔を見て話さない。

「そうしたら、奥さんどうするの」

「その気があるときは、わかったって一言返すわ。その夜はお風呂でアソコをきちんと洗うのよ」

「断ることもあるの?」

「もち。体調がすぐれないときとか、やる気がないときとかはね。今日はだめって言う」

俺は夫の気持ちがわかる気がした。真正面から話さない裏には、妻への恐れがあるのだ。断られたらどうしよう、という不安がある。そんな男の寂しい性を俺は察した。そんな夫の願いを断るから、セックスレスになるのだ。断られたら、次もまた断られるのではないかと不安になり、夫は心理的に萎縮する。この夫婦の場合、セックスレスの原因は妻にある、と俺は見た。どちらかがセックスを求めたら応じなければいけないと日本国憲法にも書いてある。

夫婦の営みは難しい。

その日人妻とセックスしたが、二時間燃えまくった。

「凄いわ……こんなに長い時間されたの初めて。夫とは15分くらいだったから」

夫婦の営み15分、不倫セックス120分。

人妻はしばらくPCMAXから離れられないだろう。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2020最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ