ブスのハミ毛を思い出しながら虚しくオナニーしている

ブスと勢いでラブホに入って目にした汚いもの

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代前半かな アルバイト?滋賀 草津市wakuwakumail 2019年6月5日

出会い系では、たいてい相手が見つかるものだ。よほど見た目が悪く雰囲気が不穏な悪い男でもない限り、誰か会ってくれる。女から近づいてくることもある。

だが、決して見た目がいい女と出会えるとは限らない。中には写真を掲示していない女もいるし、掲示していても、猿やキリンにそっくりな女もいる。世の中の女はみんな美人とは限らない。

俺は最近、ブスと出会った。体目的で出会い系に来て、最初に出会ったのがその「顔写真なし女」だった。即会いしてかまわないという話だったので、俺はすぐに靡いた。出会い系初心者は必ずこうなる。とにかく寛容な女に吸い込まれていく。

女はブスだった。俺はとりあえず酒に誘ってエンジンを全開にした。酒で理性や美意識の感覚を殺し、ブスでも抱ける男になった。

そして酔った勢いで彼女をホテルに連れ込んだ。女はいやいやしていたが、思いのほか嬉しそうだった。

ところがベッドインして俺が見たものは、彼女のハミ毛だった。非勝負系の綿パンティのクロッチの横から、汚い毛が数本出ていたのである。

(うう、こりゃだめだ)

あまりに不潔に見えたのでその日は結局エッチできす、ベッドの中でトークして終わった。

その汚いものが、今では大切なオカズになっている

そんなことがあって二度とホテルに行かなくなり、そのブスとも別れてしまったが、俺の脳裏にはあのハミ毛が残っていた。白にブルーのストライプが入った安っぽい綿パンの隙間から飛び出ていた数本(三本くらいだったと思う)のハミ毛が、なかなか瞼から消えない。頭を振ったり、髪をくしゃくしゃにして頭皮をかきむしっても消えない。

だが徐々に、その記憶の中のハミ毛と仲良くなってきて、ついにオナニーのオカズになってしまった。

(あのクロッチの中には、きっとグロいま○こがあったはずだ……)

剛毛に覆われたブスのま○こ。

ぬるぬるして異様な臭気を放っているブスま○こ。

嗚呼。

俺は妄想の中でブスま○こを弄んだ。ハミ毛の記憶のおかげで、その部分が非常に想像しやすくなっていて、リアルに映像が浮かんでくる。

あれから出会い系で女を探しているが、あのブスのようにハミ毛が飛び出ている女にまた会いたいと願っている。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ