マリッジブルーのただ中にいる女は必ずセックスさせてくれる

結婚式が迫っているのに出会い系なんかに来ていいの?

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
28歳 OL福井 鯖江市福井 2016年11月6日

出会い系に登録して間もない20代後半の女性をゲットした。

とりあえず遊びたい。今の自分の現実を忘れたい。多少の過ちは神様も許してくれると思う。

そんな自己弁護的なことが書いてある。

訳ありの女と見え、その手の女は落としやすいと思って早々に手を打ったら会えることになった。

鼻筋が通って凛としたいい感じの女性だったが、言いしれぬ影があり、やはり訳ありだと思った。話をしていても、上の空というわけではないが、頭の半分で別のことを考えていそうな雰囲気がある。

「訳ありとみたけど、図星じゃないかな」

「聞きたい?」

やっと笑顔を浮かべ、それから急に饒舌になる。

「来月結婚式なんだ」

口にしたコーヒーを吹き出しそうになる。

「結婚式が迫っているのに出会い系なんかに来ていいの?」

恋愛時代は彼と結婚することが当然だと思っていたし、一番の夢だったが、婚約していよいよ結婚生活が迫ってくると、今まで気づきもしなかった現実が出現し始めた。

一番嫌なのは、義母の態度。

うちの家系に大学卒業者が少ないことを卑下するような言い方をしたという。

結婚して、はたしてうまくやっていけるのか。

ずっとマリッジブルー。

結婚式が迫っているから出会い系に来たんです

「結婚式が迫っているから来たんです」

とりあえず現実を忘れたいと思った。

彼との結婚は避けられないし、避けるつもりもないけど、遠くへ行ってみたいと思った。結婚から離れたい。そして彼からも離れてみたい。

そのためには彼以外の男性と過ちを犯すしかないと思った。

「だから今晩だけ・・・でいいでしょう?」

顔を火照らせて喋り続けた彼女は、最後に涙を見せた。

「僕は構わない」

長く付き合ってもいいなとは思ったけど、婚約者がいるのなら話は別。面倒なことには巻き込まれたくないし、彼氏にも悪いから短い付き合いがいい。彼女が今晩限りと望むのならそれでいい。マリッジブルーの青を少しでも透明に近い色にしてあげられたらそれでいい。

俺は彼女にとって二人目の男だという。

俺は彼氏が耕し、花を植えた女の園に土足で入り込み、揉みまくり、舐めまくった。少々乱暴なこともした。なぜなら彼女がそれを望んだからだ。ベッドの上でなく床の上で四つん這いになってバックセックス。何が彼女をそうさせるのだろう。

最後は背面座位で果てた。

「結婚してからも、嫌なことがあったら連絡してくれてもいいぜ」

「ありがとう。たぶん大丈夫だから」

そう言ったが、頭から拒否しなかったところが引っかかる。

本当に連絡してきそうで怖い。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!

PCMAXの出会い体験談




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ