不倫未遂の人妻からの連絡をずっと待っている

不倫したいけどその勇気がない奥さんって意外に多い

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
30代後半 主婦岐阜 岐阜市yyc 2019年1月9日

出会い系に登録してせっかく男に会ったというのに、なかなか一線を越えられない人妻のことを書こう。

その奥さんは結局不倫未遂で終わり、罪を犯していないので問題はないと思うが、念のため名前は隠す。見た目はごく普通だが、瞳が潤んでいて、じっと見ていると蕩けそうになる

サイト内でメール交換し、とりあえずお茶でもしましょうと誘ったら「じゃあとりあえずお茶だけね」と何度も念を押して会いに来た。写真と同じで、その瞳は潤んでいた。肌の色は良くないのだが、その瞳のおかげで顔容が色っぽく演出される。

会話は続かなかった。

だいたい20代後半の男と30代後半の人妻との会話が盛り上がるわけがないではないか。おまけにその人妻は正と悪の間をさまよっている性のみなしごだ。そわそわして落ち着かないし、まともな会話なんてできない。

「ホテルでも行きますか」

「そんなことできない……変なこと言わないで」

と拒絶する。

不倫目的で出会い系にきたくせになかなか踏み切れない奥さんって、意外に多いような気がする。過去にもそんなことが何回かあった。

ラブホが見える場所でキスした……でも奥さん帰っちゃった

そういう奥さんは、一回でも過ちを犯してしまえば開き直るものだ。悪事も繰り返せば罪の意識はなくなる。

だから俺は執拗に奥さんをホテルに誘い、口説いた。

「今日のところは帰ります」

ときっぱりと断る。

「また会ってくれますか」

「今日のようなことを言わないなら」

「言わないから……こんどこそお茶だけ」

二回目のデートでも同じ喫茶室に入り、つまらない会話を交わした。喋ることがなくなり、俺は約束を破ってホテルに行きませんかと誘った。その奥さんを目の前にして沈黙が来たら、そういう言葉しか思い浮かばないのだ。

「またそれ? もうやめて」

「じゃあホテルのそばまで行きましょう……今日はそこまでにしましょう」

「本当にそれでやめるって約束しますか」

「約束しましょう……ホテルの中に入らないことは約束します」

ホテルに向かって並んで歩き、建物が見えてきたところで立ち止まる。

そして俺はすかさず抱きしめてキスした。

「何するんですか……約束が違う」

「ホテルに入らないことは約束しましたが、それ以外のことは約束していません」

「帰る」

奥さんは去っていった。

あれから連絡が来ない。

でもきっと連絡がくるはず。ラブホのそばで交わしたキスの味を、不倫未遂のスリルを絶対に忘れられないはず。

俺は今でもあの奥さんからの連絡を待っている。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ