体の距離を近づけたいときは間接キスをしてみよう

セックスどころかキスもできない手もつなげない

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
24歳 パソコン教室講師沖縄 那覇市沖縄 2016年11月19日

出会い系で相手を見つけて交際を始めたはいいが、なかなか男と女になれなくて悩んでいる人が少なくないと思う。それでもまだ腕を組んで歩いたりキスしたりしているのであれば、セックスは時間の問題だと思えるが、致命的なのはいっさい体に触れない状態で長時間が経過し、それが当たり前のようになっているケースだ。

以前の俺と彼女がそうだった。

デートのときは手もつながず腕も組まず並んで歩くだけ。キスなんてとんでもない。セックスなんてあり得ない気がする。

本当はセックスしたいのだが、それは夢のまた夢。

だがその状況をある行為をすることによって打開できたので紹介してみたい。

間接キスだ。

直接ボディにさわれないなら、まずは間接的に触れるところから始めてみよう。

きっかけはペットボトルの飲み回しの間接キス

初夏の日差しがきつい日に二人で長時間歩き回った日があったが、彼女が喉が渇いたというのでペットボトルを彼女に飲ませた。

この間接キスだけでぐっと二人の距離が近くなったから不思議。

「いいよ・・・なくなったら悪いから」

彼女は最初、俺のペットボトルの水を飲むのをためらった。俺が口をつけたボトルに口をつけるのが生理的に嫌だったのか、本当に水がなくなるのが悪いと思ったのかは確かめようがないが、とにかく拒否した。

だが日差しがどんどん強くなるし、飲み物を売っている店も自販機もないので、ついに折れて口をつけたのだ。

「ああ、美味しい」

「熱中症になるから無理しちゃだめだよ。なくなってもいいから飲みな」

そうやって定期的に飲ませた。彼女も抵抗なく飲むようになった。

やがてコンビニが見えてきて、そこで彼女は冷えたお茶のペットボトルを買った。

「飲む?」

彼女は一口飲むと、俺にさっと差し出したのだ。笑顔が綺麗だった。俺はすぐに口をつけてこう言った。

「僕の体温で熱くなったら美味しくなくなるね」

「熱くなってもいいから」

見つめ合った。

間接キスが直接キスを誘ったのはその直後だった。

なかなか彼女の体に触れられずに悩んでいる君。まずは間接的に触れ合ってみよう。

きっと効果があるはずだ。

俺と彼女がセックスしたのは、なんとそれから2日後のこと。

おっぱいが大きくて、最高だった!

WW

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!

PCMAXの出会い体験談




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ