俺が体育会系の女とセックスしたいただ一つの理由

それは2年前。水泳女子とセックスしたときの話

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
26歳 運送会社勤務石川 金沢市石川 2016年11月5日

「学生時代は卓球をやっていました。今は運送会社で働いています。若いうちしかできない仕事だからうんと稼いでおかないと」

写真は上半身しか写っていないが、表情は溌剌としていて明るそう。

―体育会系のスポーツ女子だな、ようし・・・―

彼女をゲットすべくメールをたくさん送る。必ず彼女をものにしてやる。そうしたら念願の「きつまん」が手にはいるのだ。

きつまんとは、文字通り「きついまんこ」のことだ。具体的に言うと、膣の締まりがいい女のこと。このきつまんは運動経験のある女性に多いことを僕は経験的に知っている。

それは2年前にまでさかのぼるが、水泳経験のある女性とセックスしたことがあって、彼女のまんこにぎゅうぎゅう締められて大変なことになったのは今でも記憶に新しい。運動をしていた女は足腰が鍛えられ、PC筋も発達しているから、締まりがいいのだと理解した。

その卓球経験のある運送会社の女は会ってもいいと言ってくれた。

きつまんとしたかったら体育会系女子を狙うべし

彼女とは即セックスを希望したが叶えられず、それでも4回目のデートで体を許してくれた。学生時代に交際していた先輩に処女をあげたし、就職してからも職場の先輩に迫られて何回か肉体関係を持ったという。地味な仕事をしている割に派手な女だと思った。

予想したとおりきつまんだった。

挿入したとき、自分の手でぎゅっと握っているような感覚になる。

「もっと締めて締めて・・・」

「ううんん・・・ああんっ!」

ぎゅうぎゅう締めてくる。ピストンをしようものならすぐに出してしまいそうだから、あまり動かずに膣圧を楽しんだ。

彼女にとってはあまり気持ちよくないセックスだったかもしれないが、きつまんとセックスすることを望んでいた俺の願望は満たされた。

きつまんとセックスしたかったら体育会系の女子をねらうべし。

ひとりだけでなく、二人目も同じきつまんだったから、これはある意味科学的に言えることなのかもしれない。

体育会系の女はきつまんだ。

今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!

管理人のサイトレビュー  管理人の出会い体験談




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ