僕はアラフォー社長夫人の性奴隷

君のおち○こが大好きだからいつでもちょうだい

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
40歳前後 社長夫人熊本 熊本市mintj 2019年2月20日

一昨日のことだった。

「またお金がなくなったら言いなさいね」

4発目のセックスの後、社長夫人が二万円をくれた。

別に逆援助交際しているわけではないのだが、社長夫人は安月給の僕にときどきお小遣いをくれる。安月給といっても普通に暮らせる金額なので、あえてお小遣いをもらう必要もないのだが、くれるものは仕方ない感覚でいつも受け取っている。強引に札を握らされたこともある。

そのわけは知っている。

僕を性奴隷として服従させておくための知恵なのだ。

金に困らない社長夫人は、金を出せば何でも手に入ると考えている。

その社長夫人とは、ミントC!Jメールで知り合った。

ブラが透けたキャミソール姿の写真は、アラフォーにしてはすこぶるエロく、サイトの中でもひときわ目を惹いた。熟女は嫌いではないのですぐにメールし、そのふくよかなふところにもぐりこんだ。

すぐにセックスする仲になったが、彼女はベッドの中でこんなことを言った。

「君のおち○こが大好きだからいつでもちょうだい」

美熟女をゲットできた歓びから、僕は「大歓迎」ですと答えた。

それが地獄の始まりだった。

ち○こが限界に近づいても無理やり勃起させられて

「いつでもちょうだい」は本当だった。

その社長夫人は、欲しくなったら電話一本で僕を呼び出す。場所は社長夫人の豪邸のこともあるし、シティホテルやラブホのこともあるし、とにかく時間と場所を問わず呼び出すのだ。

そして僕のおち○こで遊ぶのだ。

「今日、午後から半休にできない? おち○こほしいんだけど」

「わかりました。上司と相談してみます」

まさか「社長夫人におち○こをあげたいから午後から休ませてください」とは言えないが、適当に理由を作って退社し、社長婦人が指定した場所に向かう。

セックスは4回ほどしなくてはならない。

発射する液体が枯渇して勃起できなくなっても、無理やり勃起しなくてはならない。

「ねえったら、おち○こまだ? まだ立たない?」

猫のようにすりよってきて、僕の下半身を覗く。

僕は社長夫人の性奴隷になり下がった。

気持ちいいと言えば気持ちいいが、苦しいと言えば非常に苦しい。

社長夫人からもらったお金、実は使わずに全部取ってある。

いつか別れるとき、アパートの敷金のように全額返却するつもりだ。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ