出会い系でセックスを楽しむなら非処女でナイト

俺の場合、処女っぽい女はスルーする

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代後半 電話オペレーター宮城 仙台市yyc 2019年4月18日

日本の男の間では、いまだに「処女崇拝」がなくならない。

女子大生やOLの処女率調査をやったネット記事が注目を浴びるのはそのせいだ。

【朗報!】日本女性の処女率が急上昇中

こんな記事があったりする。朗報、というくらいであるから、処女が増えることは日本の男にとってウエルカムな現象なのだろう。

だが俺は処女が嫌いだ。

出会い系で女に会う場合、処女っぽい女は避け、ほぼ間違いなく非処女だろうと推測される女としか会わない。

人妻や彼氏がいたことがある女、見た目エロい女、下ネタに抵抗がない女を選ぶ。後の二項目だけで非処女と断定するのは危険だが、処女よりも非処女の可能性がやや高いという点で、選択条件に入れている。

ではなぜ処女が嫌いか。

基本、なかなかさせてくれないし、痛がるだけで気持ちよくなってくれないし、出血して汚れるし、要するに面倒くさいのだ。

セックス第一主義の俺にとって、処女とやる意味はない。

よほどの美女なら考えるが、処女でかつ美女なんて、そうそういるものではない。

面倒くさくなく、即戦力の非処女が理想的

その点、非処女はセックス即戦力なのでありがたい。

男をよく知っていて、フェラチオやシックスナインなどのプレイも経験済。感じやすいし、良く濡れるし、挿入したら気持ちいい顔をしてくれる。イクこともできるし、イキかたも知っている。

4日前にネットナンパして即セックスした女は、彼氏いない歴2日という旬な女だった。これが1年2年となるとセカンドバージンの可能性もあるが、2日となると、まんこはきっと現在進行形で潤っている。下手すると元カレの精子すら膣内に残っている可能性もある。女はすぐにセックスに応じ、元カレと最後にセックスしたというラブホに連れて行ってくれた。

「元カレと寝るみたいな感覚だわ」

「嫌な言い方だな……でもまあいいや、やらせてくれるんなら」

「ほんとスケベね」

「そっちこそ」

女とはワンナイトでセックスを楽しんだ。

ワンナイトでやる場合、相手が処女だと無理だ。痛がるだけで夜が明けるし、もっと厄介なのは、その後付きまとわれる可能性がある点だ。大事な処女を奪った責任者として、満足のいく事後ケアを求めてくる。

ワンナイトでセックスする場合、やっぱ非処女でナイト。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ