出会い系で童貞を捨てたい人にアドバイスします

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
10代後半 人妻栃木 宇都宮ハッピーメール2015.10.05

女であればいいというものではない

25

出会い系で童貞を捨てようと思ったのは大学を卒業する直前だった。
童貞のまま背広着てネクタイ吊るのだけは避けたかった。

女を知らない童貞が社会人になれるものか。
本気でそう思う。

必ず捨ててやる。

ハッピーメールに登録し、相手を捜したよ。
俺がターゲットに絞ったのは熟女だった。

なぜ熟女を選んだかって?
安心してエッチできるからさ。
熟女は精神的に落ち着いているし、セックス能力も高く経験豊富。
年下の男性に優しく、おおらか。
童貞だとわかったらエスコートしてくれるだろうし、セックスに失敗しても許してくれる。
「可愛いわ」なんて頭をなでてくれそう。

これが若い女だったらそうはいかないだろう。
相手が若い女の場合、失敗は許されない。

童貞を捨てる場合、相手が女であればいいというものではない。
ちゃんと考えて選ぶべし。

セックスの歓びを教えてくれた香代子さんに感謝

香代子さんは40歳になったばかりの人妻。
妖艶で色白な女性だ。
40歳にしては若く見える。
きっと子どもがいないせいだろうと思う。

スタバでお茶を飲んだ。

「最初に告白したいことがあります。僕、童貞です」

「あら、そうなの? やっぱり?」

「わかるんですか?」

「何人か童貞君と遊んだことあるから、何となく」

「香代子さん、僕にセックスを教えてください」

「そんなに大きな声、だめ」

顔をしかめてこっちを見るOL風の女性。
新聞をたたんでこっちに注目するおやじ。

「だって僕」

「わかったわかった。望み通りにするから・・・ここ出よ」

タクシーでホテルへ。

ベッドイン。

「はあ・・・はあ・・・あああ」

「そんなに激しくしなくてもいいのよ、私逃げないから」

夢中で乳を揉みんでキスをする僕をたしなめる。

「ああん・・・そんなに強くしないで」

「ああああ」

「おっぱいはね。優しく揉むのよ。こんな風に」

香代子さん、自分で自分の乳を揉んで見せた。
その仕草がいやらしく、興奮したよ。

「揉む揉む・・・優しく揉む」

とおっぱいの海に沈む僕。

ついに挿入。

これがマ○コか。夢にまで見たマ○コか。

「気持ちいい・・・なんて気持ちいいの?・・・ううう」

「あぁ!イ、イヤ・・・アァァッ!」

射精を止めようなんて思わなかった。
出したくなったからすぐに出した。

「ごめんね、香代子さん」

「いいの。気持ちよかったわよ、君のこれ」

と、射精しても縮もうとしない若いペニスを握った。

その日3回のセックスをして別れた。
それから卒業するまで20回くらいセックスしたかな。

ほぼ完璧に童貞とお別れしたよ。

僕を社会に送り出してくれたのは熟女・香代子さん。

恩師だね。

仰げば尊し、わが師のマ○コ。WWW

今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!

管理人のサイトレビュー  管理人の出会い体験談




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ