出会い系にいた女性警察官の性感帯は耳だった

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
28歳 警察官東京 江東区ミントC!Jメール2016.07.03

耳元で喋ったら眉間にしわを寄せた

出会い系に女性警察官現る!

もちろん掲示板では自分の職業を書いたりしない。公務員、しかも警察官がセックスの巣である出会い系にいたとなったら国会で問題になるだろう。彼女は俺と会うようになってからこっそりと交通課の巡査長であることを打ち明けた。

警察官というくらいだからごつい体をしているのではないかと思うだろうが、そんなことはない。太股や腕はしっかりしているが、全体的には女の体だ。あの威圧感のある制服が、警察官の体をごつく見せているだけだ。

夏場なので少しでも涼しい場所でデートしようと思い、電車で水族館に出かけた。

電車の中でいろいろ会話したが、あまり大きな声で言いたくないことがあって、彼女の耳元でささやいた。すると「やん」と声を出して身をすくめ、眉間にしわを寄せたのだ。

―この巡査長は耳が感じるらしい―

あまり露骨なことをすると逮捕されるかもしれないと案じたが、それから耳元での囁きを繰り返した。

彼女は感じまくり。

そして人が見ていないのを確かめると、耳舐めをしてみた。

「ああん」

「耳が感じるんだね、やっぱり」

「やめてください、もう」

と髪をすいて顔をぷいと横にむけた。

耳舐めはピストルよりも威力があるようだ

行き先を水族館からラブホに変更したのは、そういういきさつがあったからだ。

「水族館よりもっとエアコンがきいた静かな場所に行かない?」

そう言ってラブホに誘う。彼女は最初いやがったが、たくさん耳舐めしてあげると耳元でささやいたら目の色が半透明になった。

「女になっていいんだよ。君は今警察官じゃない。女だ」

「女になっていいだなんて・・・私は女ですよ」

途中下車してラブホへ。

「んっ!・・・ううんっ! ん~」

耳舐めをすると体をくねらせてよがる。彼女はとても警察官には見えない。乳も柔らかく、女の部分はすぐに潤った。触るとねっとりし、糸をひくほどだった。

処女でなかったばかりか、意外にエロかった。

彼女は俺の女性警察官へのイメージを大きく変えた。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ