出会い系にいながら浮気する人を軽蔑する変な人妻

「浮気する人は最低」と豪語し、決して身体を許さない奇妙な人妻

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
38歳 主婦静岡 静岡市wakuwakumail 2019年9月25日

出会い系にいる人妻がみんなセックス目的だというのは言い過ぎで、100%そうではないことがわかった。今交際している人妻は出会い系で浮気しているように見えて実はそうでもなく、口振りからするとその真逆だ。

「ほんと、浮気する人は最低よね」

なんてうそぶく。

「あなただって浮気してるんじゃないですか? こうやって出会い系の男と会っているんだし」

「会っているだけでは浮気にならないわ……」

「つまり僕とは体の関係にならないということですか」

「浮気する女は最低よ。人妻目当てに出会い系にくる男も最低だけどね」

「あなたは何しに出会い系に来たんですか」

「あんたみたいな人にひとこと文句を言うためよ」

何度かホテルにも誘ったが、決して応じない。

でも俺と別れようともしない。

何とも変な人妻だった。

彼女と別れた後こっそり尾行したら……

ところがその人妻には少々怪しいところがある。

最近、彼女のシークレットな部分に遭遇した。その秘行がなかなかそそられたので書いておく。

いつものように平日の午後に会い、食事しながら雑談していた。彼女はサラダバーから大量の大根サラダをついできてむしゃむしゃ食べている。俺はその赤い唇がうごめくのを見てフェラチオを連想し、少し勃起したので、いつものように今日こそはホテルに行きませんかと誘った。

「またその話? いい加減にしてよね」

「奥さんとしたいから」

「なんで私としたいのよ……なんで人妻としたいのよ」

「だって色っぽいから」

「私が色っぽいって? 冗談でしょう、ばか」

「色っぽい奥さんとセックスして燃えたいです」

「私とセックスだって? 冗談は休みやすみに言ってよね、んっもう……」

その日も応じてくれなかったが、別れた後、彼女がどこに行くのか確かめてみたくなり、いけないとは思いつつも尾行してしまった。

彼女は駅ビルのトイレに入ったのだが、なかなか出てこない。

(何してるんだ……)

結局20分ほどしてできてきたが、トイレに入るときより明らかに色っぽくなっていた。目は潤み表情は上気し、やや汗ばんでいる。歩きかもマリリンモンローのようにコケティッシュだ。

(トイレで何をしてたんだ)

ひょっとしたら、俺からの誘い言葉を思い出しながらトイレでこっそりと……。

こういう浮気のやりかたもあるのだと思った。

プチ浮気の一種だろうか。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2019最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ