地味なリケジョとセックスしたら痛がった

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代前半 女子大生東京 湯島PCMAX2015.09.09

銀縁メガネのリケジョに出会った夜

理科や数学が得意なリケジョって、何ともいえない魅力があるよね。
どこに魅力を感じるのかって、自分なりに想像してみた。
そして答を得た。

頭が切れて合理的なものの考え方をし、数字や図形に強いけど、中身は「女」だってこと。
性器もあるし乳もある。月に一回生理もあるし、性的に刺激されてむらむらすることもあるだろう。
寂しい夜、研究室の助教授からレイプされてる自分を想像して一人エッチしたことも一度や二度じゃあるまい。
そういう隠されたリケジョの世界を妄想すると、オナニーのおかずにことかかない。

そのリケジョに出会い系で出会った。
都内の大学の理工学部に在籍する彼女の専攻は応用物理学だった。
ある夜、待ち合わせの場所に来た彼女は銀縁メガネをかけて、つんとしていた。

出会い系にくるくらいだから男に飢えているくせに、そんなそぶりを見せない。そこがまた魅力的なのだった。

リケジョの壮絶な処女喪失シーン

もう俺の頭の中はセックスしかない。
彼女は体目的じゃなくて、お茶飲んだり映画観たりする相手がほしかったみたいだけど、
俺強引に手を引っ張ってホテルに連れて行ったよ。
「やめてください」
あまり強引にやりすぎたら犯罪だけど、引っ張る手の力をゆるめなかったのには理由がある。
彼女の目が「抱かれたい」と語っていたのだ。
経験的にあの目をした女は本気で嫌がってはいない。

だからホテルの入り口に近づくと神妙になる。
恥ずかしそうな顔を浮かべて、ゆっくり後ろからついてくる。

「初めてなんです」
「処女を捨てたかった?処女ばかりは応用物理では破れないからな。
男でないとその膜を破ることはできないよね」
「・・・」

リケジョの肌は真っ白だった。
日の当たらないところで研究ばかりしてるんだろうな。
乳首の色も、薄いピンク。
いや、限りなく肌色に近かった。

「ぃやんっ」

挿入しようとすると、腰を引いて体を曲げる。
そこを強引に攻める。

「すぐ済むから・・・すぐ。お願い。言うとおりにして」
「こわい・・・やだぁ!」

「きゃあっ!・・・ちょっと・・いいいっやああああ」
 これが挿入したときの声だ。
 ふと見ると、彼女銀縁メガネをかけたままだ。
 リケジョスタイルのまま、ペニスをつっこまれ苦悶に顔をゆがめる。

激しくピストンすると、下唇をかんだ。
「うううううっ!」

出血。

リケジョの処女喪失、すごかったぜ。
リケジョも処女を捨てるときは痛いんだ。
リケジョも女なんだ。

出会い系でそのことを学んだ。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!

PCMAXの出会い体験談




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ