夏だ! ノーブラだ! 乳首ポッチだ!


19歳の女の子にノーブラで来てほしいとお願いした

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
19歳 専門学校生沖縄 沖縄市沖縄2017.11.02

沖縄市の専門学校に通っている19歳の女とYYCで知り合った。

彼氏がほしくて出会い系に来たが、今まで誰もメールを送ってくれなかったようだ。

小柄で黒縁の眼鏡をかけている。

―確かにこれじゃ―

少なくとも女としての魅力を感じない。出会い系に集う男の目的のほとんどが体だということを考えると、あまり手を出したくない女。

でも俺は声をかけた。理由は、顔なんてどうでもいいからだ。俺が女性の体の中でもっとも関心があり期待を寄せている部位は乳。出会い系で乳と出会えたらそれでいい。

俺と出会えて嬉しく、また興奮しているのか、なるべく早く会いたいと言う。

「すぐか・・・願いをかなえてくれたらすぐに会ってもいい」

俺はノーブラで来るようお願いした。

彼女はしばらく寡黙だったが、最後にはOKしてくれた。

俺の頭の中にふと乳首ポッチが浮かんだ。

興奮して固くなった乳首ポッチを指先でタッチ!

さて彼女は約束通りノーブラで来てくれた。

Cカップだが、歩くときれいに波を打って揺れる。

小柄な体をしているが、乳は活きいきと躍動していた。

しかし多少余裕のあるブラウスだったので、肝心の乳首ポッチが見えない。乳首ポッチはノーブラ乳の最大の魅力。これを見ずしてノーブラ鑑賞したとは言えない。俺は何とか乳首ポッチを見ようと、彼女を喫茶店の外に連れ出し、灼熱の夏の街に出た。

するとだんだんと汗ばんでくるのか、ブラウスが肌に張り付き、乳の丸い全体像が見えてくるようになった。こうなると乳首ポッチが浮き出てくるのは時間の問題だ。張り付いた服の生地が乳首を刺激するからだ。案の定彼女は服の生地で感じてしまったのだろう、ついに乳首ポッチが浮き出てきた。

「これな~に」

俺は冗談半分でぴくんと突き出た乳首ポッチをつまんだ。

「きゃっ!」

つまんだらますます感じて固くなる。

乳首ポッチの出来上がり!

それから興奮した二人はホテルで熱いセックスをした。

それからデートには必ずノーブラで来てもらうようにしている。



無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ