大丈夫とは思うけど、俺は必ずコンドームを使う

どこの馬の骨かわからない行きずりの女

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代前半 現在は不明(元ピンサロ嬢)岩手 盛岡市wakuwakumail 2019年4月16日

俺の出会い系での目的はセックスなので、出会った女とはだいたいすぐにセックス関係になる。

すぐにさせてくれる女としか会わないし、恋だの愛だのうそぶいている硬い女とは会っても意味がない。だからメール交換で「面接」し、早期に身体を許してもいい女かどうか確認することにしている。

よって原則的に、会ったら即セックスだ。お茶したり軽食をとったりすることはあるが、それはセックス前のワンクッションに過ぎない。

この前なんて、何もせずにラブホに直行したくらいだ。

ところでその出会い系セックスで俺が気を付けていることがひとつだけある。

必ずコンドームを使うことだ。

相手はどこの馬の骨かわからない行きずりの女。過去の交遊関係もセックス経験も知らず、現在どんな病気に罹患しているかもわからない。

そんな女とのセックスでは、コンドームが必需品となる。

性器の見た目が普通で自覚症状がなくても、雑菌性尿道炎やクラミジアは、女の場合感染に気づかないケースもあり、注意が必要だ。

元風俗嬢や、やりまんっぽい娘は要注意

やりチンにしては臆病だなと言われそうだが、友人がピンサロ嬢から性器ヘルペスを移され、痛い目に遭ったのを知っているから、慎重になる。ヘルペスは治療しても菌を完全に死滅させることができず、根治が難しく80%が再発すると言われ、要するに一生性病と付き合わなくてはならない。そんなの地獄だ。

一年前にワクワクメールで出会った女が元ピンサロ嬢で、俺はとくに警戒した。二重にコンドームを装着してハメたのを覚えている。

「ずいぶん慎重じゃない?」

ショーツを脱ぎながら彼女が言う。

「ちょっと早漏気味だから」

「その割には逞しいちんちんしているのにね」

「見た目でちんこを判断してはならないよ」

その女は元プロとあって、いい体をしていてまんこも濡れ濡れでぜひ生で賞味したいところだったが、そこは我慢。目の前のまんこに我を忘れて一生を棒にふるような軽挙妄動は慎まねば。

相手が元風俗嬢や、やりまんっぽい女だったらより警戒したほうがいい。

コンドームをつけて安全なセックスを楽しもう。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ