女が勝負下着を身につける心理

高価な勝負下着を見せられてすぐ脱がすのは非道

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
26歳 温泉旅館勤務大分 別府市happymail 2019年7月7日

下着は女の皮膚の一部だとよく言われる。男の場合、下着が「見えない部分」だと割り切って、下着に対してとくにこだわらない。極論を言えば、陰部を覆うことができればいい。ぶっちゃけ褌(ふんどし)でも問題はない。

だが女は皮膚の一部であると自覚するぶん、下着へのこだわりは強い。それは頬や二の腕や太股と同様に「見える部分」あるいは「見られる部分」なのである。下着のデザインや履き心地にもこだわるし、けっこう金をかけたりする。美容に金を注ぐのと同じくらいのレベルで下着に気を遣う。

別府市に移り住んだとき、ハピメで26歳の女と出会ったのだが、最初にホテルに行ったとき、彼女は勝負下着を披露してくれた。白地に手の込んだブルーの刺繍が入ったもので、ブラも同じ柄だった。生地も高級そうで、部屋の照明に反射してきらきら光っていた。値段も張ったと思う。彼女は下着姿で部屋を歩き、ほくそ笑みながら下着を見せびらかしていた。

やがてベッドインしたが、俺はすぐに下着を脱がすような非道なことはしなかった。乳や陰部を愛撫するにしても下着越しに愛撫する。これが正道だ。

なぜなら下着は女の皮膚だからだ。

下着を愛撫してあげると女は倍歓ぶ

金と時間をかけて選び、その日の身体の躍動と気分にぴったりの勝負下着を身につけているというのに、それを無視して乳や陰部を求めるのは女に失礼である。下着も乳や陰部同様に愛してあげるべきだ。

「素敵な下着じゃない……センスいいね」

口の中で温めた息を耳たぶに吹きかけながら囁く。

「そうかな……そう言われると、嬉しいけど」

下着の上から乳を撫でる。男にとって生の乳肌を撫でた方が気持ちいいはずだが、これはこれで独特の味わいがあっていい。刺繍がざらざらしているのが何とも心地よい。俺は女の下着を撫でているのだ、と意識すると、静かに興奮が高まってくる。

「うふんっん」

女も気持ち良さそうだ。

次に陰部。こちらも下着越しに愛撫する。恥丘を撫で、筋を伝って指を差し込んで陰核を捏ね、女の体温が上がるのを見計らい、膣の入り口を下着越しに愛撫する。

「下着がびっしょり濡れちゃってるよ……すごいよ」

「やだ……濡れちゃったら冷たくなるううう」

女は陰部を愛される歓びに浸ると同時に、下着を愛される歓びに浸る。勝負下着を愛されながら、性の快感に落ちていく。

まとめよう。

下着は女の皮膚の一部だ。

だから皮膚と同じように愛してあげなければならない。

今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ