女を感じさせることができれば女は必ず君のものになる

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
24歳 アルバイト(道の駅)愛知 刈谷市愛知2018.04.19

意中の女をセフレにするもっとも効率的な方法

意中の女をセフレにするもっとも効率的な方法を教えよう。

女を感じさせることだ。

女の性感は男の数倍、人によっては十倍以上と言われている。感じさせて感じさせて感じさせて感じさせれば、女は君から離れられなくなる。君なしではいられなくなる。とにかく感じさせることだ。俺はこの方法を計画的に実施したわけではなく、たまたまそうなったのだが、結果としてこの方法がもっとも効率的と知った。

俺は名古屋の人間だが、出会い系サイトで刈谷市に住んでいる女を見つけたのは去年のクリスマスのこと。一重瞼でさして綺麗ではなかったが、顔つきにむっちり感があって、とりあえずこの女を仕留めようとナンパ作戦に出た。

デートに連れ出したのはイブの夜。

ここまでは上々。というか、毎回ここまではたどり着く。問題はここから。いつも言葉で口説くという古典的な方法で迫ったが、その夜は別の方法で行こうと思った。イブのイルミネーションの光と、むっちりした彼女のお尻を見ていたら、言葉より先に手が出た。

女を感じさせたら女の方から求めてくる

強引に手をつなぎ、腰に手を回し、肩を抱く。初対面からそんなことされると思っていなかったのか、彼女は心なしか引き気味。遅い歩調と苦笑い。だが俺は止めない。お尻を撫でたり、耳元で甘い言葉を囁いたり、手のひらを愛撫したりした。だんだんと女がとろけて来るのがわかる。イルミネーションの光も彼女の心を弛緩させるのを手伝ったかもしれない。

「ホテル行こうよ」

女は抵抗しなかった。こうなることは予想できたのか、もはや逃れられないと思ったのか、従順だった。

―このペースで感じさせよう―

俺は自分本位にならず、とにかく彼女を感じさせることを最優先にプレイした。前戯に40分くらいかけただろうか。頭から足の先まで丁寧に愛撫した。彼女はいい声を出して体を蛇のようにくねらせ、しとど愛液を垂らした。

「そろそろ入れたいんだけど、いい?」

「入れて…入れて」

女がペニスを要求する。そりゃそうだろう。これだけ感じてしまったら、アレなしではいられないだろう。女は顔をひきつらせてセックスを懇願した。

挿入してからも長く続けた。20分くらい持続させ、女は数回アクメに達した。俺が射精したときには、茹であがった蛸みたいになっていた。

それからも会う度に感じさせる。とにかく感じさせる。言葉より愛撫。

女は俺なしではいられなくなった。

今では積極的にペニスを求めてくる。

女を感じさせれば、女はきっと君のものになる。



無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ