妻を寝取られた男が人妻を寝取る

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
36歳 主婦奈良 橿原市YYC2016.05.12

妻の不倫が発覚。そのとき夫は

妻が不倫した。

出張で2日家を空ける予定だったが、仕事が一部キャンセルになって1日早く帰宅したのだ。そっと帰ってびっくりさせてやろうと思ったら、びっくりしたのは俺の方だった。妻がどこかの男を連れ込んでセックス中だった。

俺はその足でビジホに泊まり、翌日から実家に戻ってそこから通勤した。実家が最寄りにあったから救われた。妻には不倫現場を見た旨つげ、しばらく戻らないと言った。生活費も入れないからそのつもりでいろと脅した。妻は不倫なんてしていないとしらばっくれたが、こっそり盗撮したセックス写真を送りつけたら黙ってしまった。

愛妻を寝取られることがこんなに辛いことだとは思わなかった。まるで自分の身体の一部が消えてしまったよう。

それから俺は何をしたと思う?

出会い系に登録して女と遊ぼうと思ったのだ。しかも人妻と。

人の奥さんを寝取れば、自分のこの悲しみも少しは癒されると思った。

寝取る快感を知った俺。妻を許してあげようかな

その人妻は夫に隠れて不倫すること2年。出会い系の男と知り合っては3ヶ月ほど関係を持ち、また別の男に手を出す。俺で5人目だという。

そんなに派手にやっていると、そのうちバレるのではないかと思うが、夫は鈍感だからその心配はないらしい。仕事一辺倒で私に関心がない夫は仕事してたくさんお金を稼いできてくれたらそれでいい。私は私でセックスを楽しませてもらう。彼女はまるで夫への復讐をしているかのように不倫セックスを楽しんでいた。

その俺も妻への復讐をするかのようにその人妻を求めた。はじめて人妻の肌に触れた俺は燃え滾った。妻とセックスするより燃えた。他人の妻を抱いているという興奮が強い快感を生むのらしい。何も知らない夫の顔。妻を信じ切った夫の顔を想像すると興奮する。

―今おまえの奥さんが何をしているか知っているか? 俺とセックスしてるんだぜ―

そんなことを考えながら人妻のまんこを舐める。俺は頭の片隅で仕事一辺倒の夫の顔を想像した。

ふとその横に妻のアヘ顔が浮かんだ。

妻もこうやって俺以外の男とセックスしたんだろうな、と想像する。夫のいぬ間の密事はさぞかし気持ちよかったろう。

今の俺にはその気持ちがよくわかる。

寝取られる悲しみは、寝取る快感で消えた。

妻を許そうか、とふと思った。

今回の利用サイト [YYC]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ