意外と知られていない真実~女を蕩けさせるなら乳首より耳

女の耳は第二のクリトリスだといっても過言ではない

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
34歳 主婦東京 足立区wakuwakumail 2020年1月14日

男が女にせまるとき、たいてい四カ所を責めると思う。

すなわち「唇」と「乳首」と「クリトリス」と「膣」だ。その流れはこうだ。最初にキスし、女にその気があるかどうか空気を読む。口の中から漂ってくる息に女の熱を感じたら、そのまま乳を揉みだす。服を脱がしてブラをとり、今度は乳首を舐め、しゃぶる。そして下半身。感じやすいクリトリスをこね回すと、最後に膣に到達。指を入れて塗れ具合と粘膜の弛緩状態を確認し、挿入OKになったらハメる。その後はひたすら突きまくり精子を発射する。

これはこれで正攻法かもしれない。

だが忘れている性感帯がひとつある。

耳だ。

女の耳は第二のクリトリスだといっても過言ではないほど感じる部位だ。
女の耳をないがしろにしてはいけない。

俺はセックスのとき、耳愛撫に時間をかける。

「もういちど……耳に」女は耳愛撫が好きだ

さいきんワクメで人妻と知り合ったが、初セックスのき、俺はキスからでなく耳愛撫からプレイをスタートさせた。耳に息を吹きかける。これで女は身動きがとれなくなる。身をすくめ、声を出す。すかさず耳の穴に舌を入れて回転させる。耳たぶにキスし、耳たぶを口に入れて吸う。唇をひろげて外耳にあてがい、音をたてて吸う。

音……。

そう、音だ。耳愛撫にかかせないのは「音」だ。女は耳で感じる生き物だ。耳が性感帯として感じる部位なのは、ひょっとしたらそこが音を感じる部位だからなのかもしれない。

俺の耳愛撫が終わったころには、女はすっかり蕩けてしまっていて、膣もいい具合になっている。

俺はそのままハメる。

乳首やクリトリスは、そのあとゆっくり楽しむか、二回戦のオードブルに使うことにしている。

だが人妻はこう言う。

「もういちど……耳に」

女は耳愛撫が好きなのだ。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2020最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ