我慢汁に興味のある専門学校のスケベ女

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
21歳 専門学校生静岡 静岡市ミントC!Jメール2016.08.02

我慢汁を見せてくれませんか?

スケベというのか変態というのか、とても珍しい女に出会い系サイトで出会った。美容系の専門学校に通っている女でまだ若い。写真もすっぴんで地味に見えるが、目つきには何となく動物的なものがある。

「もしかしてエッチ目的ですか?」

そんな質問をメールで受けた。

「エッチ目的以外で出会い系に来る男がいたら教えてくれ」

「やっぱそうなんですね」

「君はどうなの? エッチ目的お断りって書いてあるけど本音は?」

「あれは建前です。本音はエッチ目的です。女の子はみんなそうだと思います」

その女とは即会いした。

しかしホテルに入ったら奇妙な要求をしてきたのである。

「我慢汁見たいです。我慢汁を見せてくれませんか?」

我慢汁が漏れる医学的メカニズムはよくわからないが、セックスあるいはオナニー中に射精を我慢しているとき、不意に漏れてくる少量の液のことを我慢汁という。難しい言い方をすると「カウパー腺液」だ。

彼女もそのことを知っており、その上生で生の我慢汁を見たいという。

「だって見たことないので」

我慢汁が出るたびにティッシュで吸い取る女

彼女の手コキを条件に我慢汁を披露することにした。

二人とも全裸になり、ベッドイン。

俺が仰向けに寝て、その横で女座りした彼女に手コキしてもらう。小さく萎んでいた陰茎は21歳の女の柔らかな手によってたちまちムクムクとふくらむ。俺のチン長は勃起したら15センチ。決して小さくないから、堂々と手コキしてもらえる。

「うっ! あああ・・・ 気持ちいい」

しゃかしゃかと音を立ててしごく彼女

「フェラしますか?」

「フェ、フェラしてほしいのは山々だけど、唾液で我慢汁が見えなくなるぞ」

「そうか・・・そんなに少量なんですね、我慢汁って」

何度か寸止めを繰り返し、ついに最初の我慢汁が出てきた。亀頭の尿口に、少量の粘液の小粒が浮き出る。

「ほら、これこれ。これが我慢汁」

「へえ。可愛い」

「可愛いか・・・・あははは」

彼女は我慢汁が出る度に丸めたティッシュをちょこって当てて吸い取った。塵も積もれば何とかで、そのティッシュはだんだんと湿っていった。

「だいぶたまってきましたよ。我慢汁」

俺はすでに限界に達していた。

「もう我慢できない。我慢汁はもうたくさんだ」

俺は彼女を押し倒し、セックスをはじめた。

いい乳だったし、いいまんこだった。

我慢した甲斐があった。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ