敏感ですぐに勃起する人妻のグロい乳首

福井市在住の人妻とエッチメール交換したあと

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
39歳 主婦福井 福井市pcmax 2019年1月5日

「私は夫がオナニーしていることは知ってるけど、夫は私がオナニーしてるなんて知らないと思うわ」

「いつオナニーするんですか」

「夫がでかけた午前中に一回……午後から一回。夜、お風呂で一回」

「スゴいな……一日三回なんて」

その人妻とのエッチメールの交換は最初から充実していた。俺は送られてきた彼女の色っぽい写真を見ながらエロメールを読み、オナニーに耽った。

「一番感じるところはどこですか」

「もちクリ。でもね乳首も負けてはいないわ。私ね、クリイキもできるけど、乳首イキもできるのよ」

そして出会って三日後、俺は本音をメールした。

「一度、生の乳首を味わってみたいな」

すると期待した返事が来た。

「いつそう言われるか楽しみにしていたわ……明日の午後なら空いてるけど」

俺は翌日、体調不良だと嘘をついて会社を休んだ。

見るからに鈍感そうなグロい乳首は超敏感だった

セックス目的でやってくる生の人妻はエロい。

ノースリーブのワンピとノーストッキングの生足。いつでも脱げる格好だ。

「ふふ……露出予告してくればよかったわね」

言うとお尻を向けてすっとスカートの裾を上げた。生尻が現れ、ノーパンであることがわかった。生唾を飲む。

「もしかして上も?」

「ちょっとこっち来て……」

電信柱に隠れると、ブラウスの胸の裾を開いて乳の谷間を見せる。人妻はそこに手を差し込むと、大胆にも片方の白いかたまりをまろび出した。

ノーブラだ。

土気のある茶色に変色したグロい乳首が物憂げに現れた。また生唾を飲む。それは典型的な人妻の乳首だった。すでに美しさを逸し、色素が沈着しまくっていて、とても鈍感に見えた。その乳首の刺激だけで絶頂の達するとはとても思えない。

ところが人妻の言ったとおりだった。

それからホテルに入って即エッチさせてもらったのだが、鈍感に見えたその乳首は超敏感で、すぐに勃起し、舐めたり吸ったり噛んだりしたら、人妻は蛇のように体をくねらせて感じまくった。アソコに振れるとぐっしょり濡れていて、ぱくっと膣口を開いていた。

(人妻はスゴいな……)

それからセックスしたが、俺はずっと乳首を責めていた。人妻は二回アクメに達した。もしかしたらそれは乳首イキではなかったかと、今になって思う。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ