教育実習の課題はマンズリです

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
23歳 小学校教師山形 山形市ハッピーメール2016.03.27

先生、生徒にわかるようにマンズリを教えてください

「小学校の先生でも出会い系で相手を探すのですね」

俺は目を細めて彼女を見た。この春小学校の教師にデビューしたばかりの23歳。まだ女子大生風の初々しさが残るその小顔の美女は、ポニーテールがよく似合う。

「職業が何かなんて関係ないと思いますよ。誰だって相手がほしいですよ」

お茶を飲みながら歓談し、日が暮れたら軽く飲もうという話になって居酒屋に入った。酒が入ると話に色がつき。少々下ネタの話題になる。

「マンズリしたことある?」

3杯目のチューハイに口を付けたとき、そんなことを聞いた。彼女は恥ずかしそうにうつむいた。

「マンズリって知ってるよね」

「ええ、まあ」

「先生のマンズリが見てみたいな」

女は耳で感じるという。さっきから下ネタの話をするうちに彼女の太股が落ち着かなくなるのを俺は見逃さなかった。若い下半身がむずむずするのだろう。そこで「マンズリ」という刺激的なワードが登場。彼女の性的興奮は一気に高まったに違いない。ホテルに行こうという誘いに軽く乗ってきた。

部屋に入ると、すぐさまこう言った。

「先生、生徒にわかるようにマンズリを教えてね」

新任教師研修の課題はマンズリだ。

先生、よく見えません。ちゃんと見せて!

シャワーを使う前にマンズリを見せてほしいとお願いしたら、パンティとブラだけになってベッドに上がり、ヘッドボードを背にM字の格好になった。顔は紅潮し恥辱がピークに達している。

「本当にしないといけませんか」

「先生は生徒に自然界の真実を教える義務がある。マンズリとは何か、どうやって行うのか、生徒に真実を伝えるのが先生の役目だ」

彼女は両手を口にあてて笑った。

「それでは質問。マンズリって何ですか?」

「・・・・・・」(恥笑)

「生徒が聞いています。マンズリって何?」

「自分でアソコをさわって一人で気持ちよくなること、かな」

「ではやって見せてください」

彼女は苦笑いをしながらマンズリを始めた。左手をパンティの中に挿れ、クリのあたりとモゾモゾ動かす。そして右手を左のブラの中にすべりこませた。ブラが浮いたりへこんだりする。乳揉みと乳首転がしを同時にやっている。かなりのマンズリ経験があると見た。自分の感じるマンズリをよく知っている。

「あん はあ はあ はあん」

だが過激さが足りない。下着をつけたままのマンズリなど面白くない。

俺は授業中の生徒みたいに高々と挙手した。

「先生、よく見えません。ちゃんと見せてください!」

下着を取る。やがて23歳女教師の薄毛に覆われたまんことDカップの麗しい乳が現れた。接近してまんこを凝視。赤いネイルがクリと濡れ口の間を行ったり来たりしている。声が激しくなる。赤いネイルは女肉にのめり込み、ときどき姿を消す。再び浮かび上がると、ねっとりした桃汁が光る。指をはなすと銀色の糸をひく。

「先生よくわかりました。今度はセックスを教えてください」

俺も性的興奮がピークに達し、女教師に馬乗りになった。

彼女のマンズリは魅惑的だった。2回目のデートのときはマンズリの一部始終をビデオに収めたよ。

みなさんにお見せできないのが残念だ。

今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!

管理人のサイトレビュー  管理人の出会い体験談




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ