様々ななリスクが付きまとう寸止めセックスはやめたほうがいい

寸止めしたら我慢汁が出やすくなるから生挿入中止

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
22歳 アルバイト(ファミレス)福井 敦賀市mintj 2019年5月20日

射精を寸前で我慢することを寸止めという。

寸止めすると精子が逆流して前立腺に負担をかけるので身体に悪いが、男にとって早漏は恥なので、どうしても我慢が必要。体には悪いけれど、どうしてもやってしまう。

ところで寸止めがまずいのは、前立腺への負担にとどまらない。

生挿入で何度も射精を我慢し、最後は対外射精しようと思っている場合、我慢汁の放出も懸念事項としてあげられる。

何度も寸止めするうちに我慢汁の放出が著しくなり、生射精と似たような結果を招くことがある。

いま付き合っている女とセックスする際、俺は生挿入、寸止め、体外射精のプロセスを踏んでいるが、彼女はこれが気に入らないらしい。

「我慢汁やばいから寸止めやめてよね」

「じゃあゴム使うか」

「いや、生のほうが私も気持ちいいから、途中まではOK。出したくなったら、寸止めしないで外に出して」

スローセックスで射精までの時間を伸ばす工夫をしている

俺は生の場合、ほとんど持たない。寸止めを五回くらい繰り返してようやく射精に至るのが普通だから、射精したくなって出すとなると、2分持たないのではあるまいか。

「早く終わってもいいから」

彼女もそう言ってくれるので、寸止めなしのストレートセックスをすることにした。

挿入してゆっくりピストンし、なるべく絶頂までの時間を伸ばそうと工夫する。激しく擦るとそれだけ射精リスクも高くなる。

女にとっても激しいピストンは気持ちいいが、スローペースの動きも捨てがたいようで、彼女もそれなりに喜んでくれた。

そして4分後、外に出した。

4分は、俺にとっては長く続けられたほうだ。

スローセックスやれば、比較的長く維持できる。

寸止めを楽しんでいる君、スローセックスに方向転換することを勧める。

寸止めはメリットよりデメリットのほうが大きい。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ