清楚な美女とマン滓のバラード

ほっとけば勝手にたまるしつこいマン滓

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
25歳 パート(ショッピングモール)鹿児島 鹿児島市wakuwakumail 2019年2月26日

サイトの自撮り写真は、どことなくツンとしてお高くとまった感があったけど、LINEで別のアングルの写メを送ってもらったら、お高いというより清楚な女性であることがわかった。

(いい女だな……会いたいな)

デートを申し込んだら、鹿児島市内であれば会ってくれるということになって、霧島に住んでいる僕は車を飛ばして会いに行った。

彼女はショッピングモールの生活用品売り場でパートをしているが、たまにお客様から誘われたりすることがあるという。

清楚で、なかなかの美人。

褒めたら「あなただって結構イケメンじゃない」と照れ臭そうに笑った。

「まあ、手前味噌だけど、モテるほうかな」

その日はドライブをして、桜島を見ながら海沿いを走り、エッチしてもいいと言われたのでラブホに入った。

清楚な美女とのセックスで頭が真っ白になり、部屋に入ったら抱きしめて服を脱がした。

「シャワー浴びたいよっ」

「だめだめ……すぐ欲しい」

俺は清楚な女の清楚まんこが欲しくてたまらず、すぐにクンニを始めた。

ところがすぐに顔を背けた。

そこはマン滓だらけ……。

臭くてしかたなかった。

「やだん……だからさ、言ったでしょう……すぐにたまっちゃうの。しつこいんだよね、これ」

体質だろうか。

チン滓をゆるしてくれたマン滓

だが今さらシャワーを浴びに行かせるのも、彼女のまんこを否定することになると思ったし、清楚な女のマン滓なら許せると思い、そのままクンニを続けた。オイスターソースのような異臭がするけれど、愛液が出てきたら、フェロモン臭のような妖しい香りが混じってきて、だんだんと臭いを受け入れられるようになってきた。結局そのままクンニを続け、しまいには彼女も股を180度開脚して、悶えて果てた。

「フェラしてくれる?」

「うん……してあげる」

すでに勃起して皮が剥けたチンコを差し出すと、彼女は一瞬ひるんだ。何を隠そう、俺は仮性包茎で、洗わなかったらチン滓がどんどんたまっていくんだ。でも彼女は咥えてくれた。

「マン滓を許してくれたからチン滓も許すわ。それにイケメンだし」

そんなことを言いたげに頬が膨らんだ。

清楚女のマン滓とイケメンのチン滓は仲がいい。

あれ以来セックスの前にシャワーを浴びたことはない。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ