現役女子大生のアンダーヘアに唇よせて

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20歳 女子大生鹿児島 鹿児島市鹿児島2017.11.01

きれいな女子大生を生裸にしてみたい

女子大生が好きだ。

エッチな動画を観るときも、DVDを借りるときも、エロ本を買うときも、だいたい女子大生系が多い。女子大生が僕のセックスシンボルになっている。

今年で28歳になるが、彼女にするなら女子大生がいいし、もちろんセックスも女子大生相手でないとできないと思っている。

彼女たちのどこかいいのか。

少女でもなく大人でもない点だろうか。つぼみではないが、完全に咲いていない状態。半開きのバラのような。

女子大生を丸裸にしてみたい。

特に見たいのは下半身のアンダーヘアだ。

半開きの花弁を守る若草、とでも言おうか。大人の女にむかって色めきつつある柔毛を心ゆくまで楽しんでみたい。

そんな願望をかなえるため、俺は出会い系サイトに登録した。

全身リップしたあと、最後に責めるあの部分

少しエッチな女子大生を見つけた。

メールと電話で話したが、短い間だったが彼氏がいた時期があり、そのころロストバージンを済ませたらしい。でもそれ以来セックスなし。処女ではないが未熟な花。まさしく咲き始めの若花。女子大生そのものだ。

俺は大人の男性の魅力でもって彼女を優しく包み込み、若い女をたぶらかす殺し文句を並べてホテルに連れ込んだ。

そして望み通り丸裸にしてセックスを始める。

―ああ、夢にまで見た女子大生―

全身にリップした。

「はあん  はん ふうん」

可憐な声を出しながら気持ちよさがる女子大生。

そして俺は最後に一番好きなアンダーヘアに鼻を寄せた。黒い柔毛の先が鼻の穴に入ってくすぐったかったが、それは俺にとってこの上ない歓びだった。すーっと息を吸うと、ヨーグルトのような甘くて酸味のある香りが鼻腔に広がる。

これこそ女子大生のアンダーヘア。

俺は力を込めて股を開くと、すでにぐっしょりと潤った女子大生の秘泉に舌を這わせた。

彼女との初セックスは3時間にも及んだ。

「あなたのおかげでエッチな女になっちゃいそう」

なれなれ、エッチな女になれ。どんどんエッチな花を咲かせろ。



無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ