生保レディと出会い系で枕営業セックス?

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
30代前半 生保レディ東京 巣鴨PCMAX2015.08.16

生保レディとしてみたいって思ったことないですか

会社の昼休みににこやかな微笑を浮かべて登場する生保レディ。
生保レディとセックスしてみたいって思ったことないか?
「ねえよ」
と言った君、君は男じゃない。
生保レディを見てちんちん勃起したことない男は男じゃない。
微笑を浮かべて、誰に対しても明るく優しく振る舞う彼女たちは、俺には天使に見える。
それに、ことと次第では簡単にセックスさせてくれる女に見える。いろいろ妄想し、ちんちんが勃起してくる。
俺の昼休みは、生保レディへの妄想心でいっぱいだった。
 
まあ、彼女たちの微笑の背景には、契約を取るという使命があるんだけどね。
だからこそ彼女たちは覚悟してる。
契約のために体を提供する枕営業って言葉もあるくらいだからね。

保険に入るって言ったら割り切り代タダ。これって枕営業?

その生保レディに出会い系で出会った。
髪の毛を団子結びにした快活な女性だったよ。
契約が取れずに収入が激減し、援助してほしいとの話。
出会い系には援助を求めてセックスしにくる女性が多いけど、
生保レディがその一人だったとは驚きだ。
いくらでも金もっていそうに見えるけど、契約取れなかったら厳しいんだね。

お茶して、そろそろホテル行きませんかって時に、こんな提案をした。
「お金払うのと、契約するのとどっちがいい?」
「え?」
「俺さ、保険入ってないんだ。職場の生保レディにはちょっかい出すけど契約したことはない」
「入ってくれるの?」
「ここでホ別で2万円もらうより、契約取ったほうが良くね?給料も上がる可能性あるし」
「うん・・・ぜひぜひ」
 彼女合掌した。

かくして保険に入ることを条件にセックスさせてもらうことになった。
一回戦目の後、生保レディの髪をなでながら聞いた。
「枕営業ってしたことある?」
「あるわよ。2回くらい」
「やっぱそうなんだ」
「そのくらいの覚悟がないと、やっていけない。だって人はそんな簡単に保険なんて入らないわよ。
お金払ってもすぐに効用を得られる商品じゃないし」

 ところで。
 今回のこの割り切りは枕営業にはならないんだろうか。

「ねえ、今日はあなたにとって枕営業かな?」
「う~ん。どうだろう。微妙だね」
「枕営業ってことにしてくれるかな」

生保レディと枕営業でセックスさせてもらう。
長年の夢が叶った気がする。

それから保険料払うたびにセックスしてる。
生保レディを上手に使えば、けっこう美味しい目にあえるよ。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!

PCMAXの出会い体験談




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ