生臭いものが嫌いな女の顔にぶっかけた結果

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
21歳 専門学校生島根 松江市YYC2016.08.20

レバーとか、生の魚とか苦手なんです

出会い系で可愛らしい女に出会った。

最初はメル友だったけど、意気投合して会ってみたら、とてもいい相性。きっと相思相愛の関係になれると確信した。彼女の瞳を見ていると吸い込まれそうになる。これが恋なんだろうか。彼女といると、自分のスケベな性癖を忘れてしまいそう。彼女にだけはスケベなことはしないようにしようと固く誓う。

交際を始めてわかったことがある。彼女は生臭い食べ物が嫌いらしい。レバー、牛乳、生の魚。

「栗の花の匂いはどう? あれも生臭いよね」

と意味深なことを聞く。

「嫌い嫌い。銀杏とか菜の花も嫌い」

嫌い嫌いと言って髪を揺らす彼女を見ていると、とある妄想にかられるのだった。

彼女だけにはスケベなことはしたくないと思いつつも、その妄想を消せなかった。

彼女にザーメンをぶっかけたらどうなるだろう。

―いかん、いかん。こんなことを考えてはいかん―

俺は大きく息を吸った。

生臭いものが嫌いな女はザーメンも嫌いか試したかった

彼女とは交際を始めて1ヶ月半後にホテルに行った。まあ順当な流れだろうと思う。そのときにはすでにお互いの気持ちを告白し合っていて、立派な恋人同士になっていた。

セックスは燃えた。可愛い彼女はおっぱいもまんこも可愛くて、ずっと舐め続けた。処女じゃないのが残念だったが、ピストンはことのほか気持ちよく、コンドームもつけずにピストンした。

「あん あん・・・ああんっ!」

喘ぎ声も可愛い。

そのとき俺のスケベ心が首をもたげた。かつて俺の頭を支配した妄想がまた浮かんだのだ。

―生臭いものが嫌いな女の顔にザーメンぶっかけたらどうなるだろうか―

せっかく育んだ愛が一瞬のうちに消え去るかもしれない。

―やめておけ・・・やめるが無難―

でも抑えられない。スケベな衝動を抑えきれない。

俺は射精寸前でペニスを抜くと、少ししごきながら移動し、彼女の小顔に大量のザーメンをぶっかけた。

ザーメンほど生臭いものはない。レバーや生魚の比ではない。栗の花と同じ匂いがするし、しかもねばねばして気色悪い。

さて彼女はどうしたか。

意外なことに恍惚とした顔をして、しばらくそのままじっとしていたのである。液を取り除こうともしない。白い粘液が顔から首のほうに滴る。

あとから聞いたのだが、好きな男のザーメンは、たとえ生臭くても愛おしく感じるものらしい。彼女は俺のザーメンが好きだと言った。

女とはそういう生き物だ。

それから俺はなぜかぶっかけをする気にならず。ずっとノーマルなセックスをしている。

男とはそういう生き物だ。

今回の利用サイト [YYC]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ