異様な雰囲気のある喪女をヤリ逃げした俺は正しい

クソ寒いのに歩きながらコカコーラを飲む喪女

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
22歳 不明岐阜 大垣市pcmax 2019年9月22日

誰が付けたのか知らないが世の中には「喪女」という種類の女がいる。生物といってもいい。俺が見るに、やつらは女を捨てて、凡人には理解できないいびつな自己世界に生きている。見た目(服装や)顔つきも異様だが、雰囲気も態度も普通ではない。

俺はこのたび、その喪女をナンパしてエッチしてヤリ逃げした。

女なら誰でもいいと思っていた。最近の俺は飢えていて、穴があればとりあえずいい。デブだろうがチビだろうが、美人だろうがブスだろうが、とにかくエッチできればいい。その喪女も常軌を逸していたが、俺も尋常ではなかった。

季節は冬だというのに、彼女は薄着だった。汚いジーパンにポロシャツと、上着は黒いトレーナー風のジャケット。ノーメークで髪はぼさぼさ。

「いつもこうだから……年中」

と歩きながら冷たいコーラを飲む。

(うう……いかにも喪女だ)

俺はすぐにセックスさせてもらおうと思った。

喪女をヤリ逃げしても罪ではないと確信する

「ねえ、エッチしに行こうよ」

「もう少し仲良くなってからのほうがいいと思うけど」

(まともなことを言いやがって……喪女のくせに)

「エッチして仲良くなる方法もあるぜ。なにせエッチは男と女の最高の関係だもんな。最初から愛の極みに至るのも悪かないと思うけどな」

「愛の極みだって……いやあんっ、いい言葉だわっ」

彼女はまるで俺の恋人にでもなったような感じだった。

そしてホテルでセックスさせてもらった。体はあまり洗っておらず汗臭かった、髪も変な臭いがした。だからクンニはしなかったし。マンコもまともに見ていない。喪女のマンコは見るに値せず、舐めるのは危険。とにかく挿入して射精することしか頭になかった。

不思議なのはその喪女が処女ではなく、けっこう膣圧が緩かった点だ。意外にやることやっている気がする。

「愛の極みに達したかしら、わたしたち……これからが楽しみね」

喪女は俺と長期的なつきあいをするつもりでいたらしいが、俺はそれからすぐに放流した。いわゆるヤリ逃げだ。

でも悪いことをしたという意識はない。

喪女はどこか人間離れしていて、日本国憲法の庇護下にいる女に思えない。

だから放流しても罪だとは思わない。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ