皮かむりでも、愛があれば女はすすんでフェラをする

恥垢はないけど匂いが消えない皮かむりちんこ

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
28歳 保育士山梨 富士吉田市mintj 2019年5月10日

出会い系で知り合った女性と交際を始め、俺は女の「愛」を知った。

愛されるということがこれほど幸福なことだとは思わなかった。今まで風俗女ばかり相手にしてきた俺にとって、それは衝撃的な出会いだった。

俺の風俗遍歴は、致命的なコンプレックスである「皮かむり」がきっかけになっている。風俗嬢とは言え、皮かむりチンコのフェラは敬遠する傾向にある。俺は生で咥えてくれる嬢を求めてさまよった。

「ごめんなさい……フェラするならゴム付きで」

俺のチンコに鼻を近づけた瞬間、ほとんどの嬢は申し訳なさそうな顔をしてそう言う。

「生でできないならいいよ……手コキで」

「手コキもゴム付きがいいんだけど……匂いが付いちゃうから」

ちゃんと洗っていて、恥垢は全くないのだが、匂いが残っているらしい。匂いだけは、皮かむりである以上、消えない。

俺は「生フェラ」をしてくれる嬢を求めて、風俗界をさまよった。

店や嬢に恵まれなかったのかもしれないが、一人も生フェラをしてくれなかった。

愛する人の匂いだから、愛おしいのよ

彼女を探しに出会い系サイトに登録したのは二ヶ月前のことだ。

決して身体目的ではない。身体のつきあいがいかに虚しいものであるか、風俗嬢相手に痛いほど体得しているので、出会い系に素人女に女体を求めたくはなかった。もっと清らかな付き合いがしたいと思った。女の心が欲しい。その一心。

保育士をしているという女性と知り合った。28歳だが、童顔なので4~5歳は若く見える。彼女は最初俺を警戒したが、体目的ではないことを強調し、デートに持ち込んだ。

その約束は忠実に守り、俺は彼女の身体に指一本ふれなかったし、いやらしいこともいっさい口にしなかった。そうするうちに俺は彼女の信頼を得ていき、ついに彼女のほうからモーションがかかるようになったのだ。

具体的には、腕を組んだり、積極的に手をつなげてきたり……。

そしてラブホテルに入る日が来た。

ベッドインしたら、彼女は俺の下半身をぼんやり見た。

「口でしてあげる……」

「いや……いいよ、俺、皮かむりだから」

「だいじょうぶ」

そして彼女はなんと、生で咥えてくれたのである。

「臭くないの? 皮かむりの匂い」

「そんなことないわ……愛する人の匂いだから、愛おしいのよ」

愛されるということはかくも素晴らしきものか。

出会い系に来てよかった。

愛は皮かむりを救う。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ