精液を飲みほす白衣の天使

看護師だから精液飲めるわけでもないと思うが

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
25歳 看護師大分 大分市yyc 2018年11月18日

大分市で知り合ったその看護師は精液ごっくんができる貴重な女だ。

初回のデートでホテルに連れ込んで即尺を促したら、平気で咥えて唾をまき散らしてフェラチオを始めた。ほんの余興のつもりだったのだが、あまりに気持ちがいいのでそのまま続けさせて、ついには射精が我慢できなくなって、そのまま口の中で発射してしまったのだ。

「どうするの…それ」

「うくくっ」

何とそのままごっくんしてしまった。バスタオルで軽く口を拭いて、上目遣いで俺を見た。

「すげえなあ」

看護師だからごっくんできるのだろうか、と一瞬考えた。看護師は手術に立ち会って血を見ても何とも思わないらしいが、それとおなじ感覚でごっくんを何とも思わないのではないか。

「看護師さんだからできるの?」

「なわけないじゃん…飲むのが好きか嫌いかの違いだよ」

お見それしました。

ひとりごっくんしてみたいが成功したことがない

その後の彼女とのセックスでも、何回かごっくんしてもらう機会を得た。

ところで精液はいったいどんな味がするのだろう。

喉元を通るとき、どんな感触があるのだろうか。

ごっくんしてくれる彼女の気持ちを客観的に知るためにも、是非ひとりごっくんなるものをしてみたい。

だがどうしても実現できず、何度やっても失敗する。理由以下のとおり。

■自分でフェラできないこと

■射精後すぐにごっくんしようとしても、賢者タイムにいる男は精液など飲む気になれないこと

■いったん出した精液を取っておいて、次のオナニーのときに飲む手があるが、放置して置いた後に菌が増殖し、危険であること

■どこかの男にフェラしてあげて出てきた精液を飲む手もあるが、考えただけでぞっとすること

ひとりごっくんは不可能なことがわかった。

女にならなければわからないことは非常に多い。



無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ