美しい恋を汚したくなかったから彼女の別れ話を受け入れました

最初はぎこちなかったけど、少しずつ仲良くなっていきました

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
26歳 サプリメント直営店鹿児島 鹿児島市wakuwakumail 2019年7月11日

昨日、彼女と別れてきました。

ワクワクメールで知り合い、半年ほど交際した相手です。別に美人ではなく、不美人でもないですが、彼女にしかない個性に満ちていて、そこに惹かれました。サイトで顔写真を見たときは「何だかなあ……」と気が進みませんでしたが、実際会ってみると心がほぐれてくるというか、魅力たっぷりの女性だと思えたのです。徐々に僕は彼女に恋をしていきました。

もちろん身体目的ではありません。真面目な長期の交際を望んでいました。男と女ですから当然身体の関係になることもあるでしょうが、それは結果論であって、最初からそれを目指していたわけではありません。

彼女も同様で、決して隙を見せませんでした。でも心を開き、僕を受け入れてくれました。

「君が好きだ」

「本当? 私も同じかな……いい人に出会ったって思ってる」

少しずつ、甘い恋が育って行きました。

理由がはっきりしない別れ話に納得できませんでした……でも

一度だけ手をつなぎましたが、それ以上のことをしたことはありません。キスとかペッティングとかセックスとか、一人でいるときは彼女との行為を妄想することもゼロではありませんでしたが、面と向かうとそのような劣情はいっさい起きず、心と心の関係になるのですね。

でも悲劇がおそったのです。

「別れてください」

彼女からそう言われました。デートの最初からどこかそわそわして落ち着きがなさそうだったので変だとは思ったのですが、その日彼女は僕に別れを告げにきたようです。

「理由はなに? 僕に足りないところがあったら直すよ、必ず直すから」

「そんなんじゃないの……理由は聞かないで」

「納得できないな、理由を言ってくれないと」

でも彼女は決して僕と別れたい理由を明らかにしませんでした。

それから二日、三日と平行線の関係が続きました。

そして僕は彼女の要望を受け入れることにしたのです。

彼女を徹底追及することは可能だったでしょう。ストーカーみたいな真似をして彼女を尾行し、彼女のプライベートを暴くこともできたかもしれません。でもそれをやったら、彼女を憎むことになると思えたのです。愛と憎しみは表裏一体ですからね。

僕は彼女に純粋な恋をしていました。

その恋を美しいまま思い出にしておきたいから、汚したくないから、何も聞かずに別れることにしました。

彼女の真意(あるいは魂胆)を知ってしまったら、この恋は壊れるでしょう。この恋は薄汚い憎しみの感情にすぐに姿を変えるはずです。

恋はデリケートで壊れやすいものです。

僕はその恋を、そっとガラスケースの中にしまうことにしました。

一日たってみて、別れたことに悔いはないです。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ