腕のいい美容師ほど陰毛が汚い

クロッチからはみ出た剛毛に言葉が出てこない

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
29歳 美容師茨城 日立市茨城 2016年11月21日

地元日立市で独身の美容師と知り合った。出会い系に登録して2週間後のことだった。会ってみると快活に笑う女性で、彼女が明るい表情を浮かべると、日焼けした浅黒い顔肌が一瞬白くなる。あばたもえくぼではないが、すぐに彼女を好きになった。

「僕の希望はね・・・なるべく早く男と女になること」

そういうと唇をすぼめて甘い目で睨む。

「男の人はそうなんだよね、やっぱヤリ目なんだよね」

「ヤリ目ほど露骨じゃないよ。あくまでも希望だから」

それでも何回かデートを重ねるうちに雰囲気がよくなってホテルに流れた。なんだかんだいって女もヤリ目なのだ。

ところでびっくりしたことがある。

美容師さんだから女の部分を綺麗にしているだろうと思いきや、アソコの毛が凄い。処理するどころかあばら家の雑草のように伸び放題生え放題。クロッチの脇から飛び出た数本のハミ毛に言葉をなくした。

ハミ毛は性的興奮の材料にはなるが、こと美容師さんのハミ毛はどうだ?

医者の不養生ではないが、少し問題ではないか。

プライベートでは毛のことを考えたくないんです

パンティをはがすと、どかんと大毛が現れた。女丘に密集した剛毛たちに驚くいっぽう、陰唇を取り囲むように、まるで男の無精髭のように生えているあまたの陰毛に度肝を抜かれる。それらの毛群はまるで女の大切な部分を警護する豪腕な猛者のよう。五條大橋ではないが、女壺に近づこうとする若造を薙刀で脅す弁慶のごとし。

「毛がすごいんだけど」

「私もそう思うんだけどね・・・」

「美容師さんだからカットすればいいのに」

「プライベートでは毛のことを考えたくないのよ。日頃毛にまみれて仕事しているから」

理解できるが、納得できない。

でもセックスはできた。セックスの快感に毛は無関係。セックスするうちに剛毛のことなど忘れ、明るい彼女とセックスを楽しんだ。

「今度少しカットしてみるわ・・・とらえずハミ毛は気持ち悪いよね」

ある日彼女がそんなことを言った。

男ができると女も変わるのか。

今回の利用サイト [YYC]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2020最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ