苺一会(いちごいちえ)。ホ別苺でエッチしようと女の子から誘われた

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
19歳 予備校生栃木 佐野市ミントC!Jメール2016.07.13

15,000円で19歳の○○○が頂けるのなら安い買い物

「ホ別の苺でどうですか」

19歳の予備校生から割り切りの誘いが来た。

「予備校生なのに割り切りなんかしていいの? ちゃんと勉強してる?」

「夏季講習は別にお金がかかるんです。浪人だし、これ以上親に負担かけられないから」

真面目なのか不真面目なのかわからないが、15,000円で19歳のまんこを頂けるのなら安い買い物だと思って承諾した。

翌日の午後、待ち合わせ場所に行き、軽くお茶してホテルに行った。

浪人生とあり、たしかに服装も地味だし顔もノーメークで、とても割り切りする女には見えない。過去2回ほど割り切りで行きずりのセックスをしたことがあるが、女はみな派手で、コスメもギトギト。素顔が想像できない女が多かった。

でも彼女は素顔で割り切り。

むしろこういう女のほうが割り切りっぽくていいなと思う。

19歳の初々しい乳首もまた苺

まだ19歳だから、ホテルでは恥ずかしそうに振舞うかと思いきや違った。金の関係だとこうなるのか、意外にさばさばしていた。

「先に脱ぐけど、いい?」

そんなことを言いながら彼女は裸になりベッドに移動。Cカップくらいの乳と恥丘の薄い毛が見えた。どきっとした。

―あれが19歳の裸か―

「ゴムはどうだったっけ?」

「してください。入れる前から」

コンドームをあらかじめ袋から出し、枕元に置いた。

キスして小ぶりの乳を揉み、首や肩に舌を這わせる。きつい石鹸というか、安っぽいコロンというか、「香り付き消しゴム」のようなプアな芳香がした。

そして乳首。

その美しさに感動。赤に近いパールピンクで、まるで苺のようだった。冒されていない生まれたばかりの苺に見えた。

ホ別苺の苺は、この乳首のことをさしているのではないかと思ったほど。今まで割り切りしてきた女の乳首はすべて黒っぽかったので、彼女が夏季講習のために割り切りするというのは本当の話だと納得した。

セックスは2回させてもらった。

「来年は合格できるといいな」

「頑張るよ、もち」

彼女は白いブラをそっと乳にはめた。

あの綺麗な乳首を俺は忘れない。苺一会(いちごいちえ)といったところか。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ