見知らぬ男に高齢処女を捧げた女は幸か不幸か

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
31歳 ヘルパー熊本 熊本市ミントC!Jメール2016.09.11

高齢処女が増えている背景にあるもの

処女が増えている。

しかも高齢処女が増えている。いまや20代の4人に1人が処女だという統計もある。10年前はこんなことはなく、20代後半の女で処女を探すのは至難のわざだったが、今は25%がセックスを識らない女なのだ。彼女たちの多くは処女を喪う機会が得られないまま、適齢期を過ぎても処女といういわゆる高齢処女になる運命を背負う。

処女が増加している背景には様々な時代的要因があるだろうが、女性の高学歴、社会進出による地位向上、経済力上昇がまず挙げられる。恋愛志向より仕事志向、そして独立志向の女性が増えており、そうした女性をターゲットとする「お一人様」ビジネスも活況だ。男がいなくても女として充実した生活を得ることができる世の中のサービスは、処女増加に拍車をかけている。女性向けオナニーグッズが飛ぶように売れるのも、セックスしない女の増加と無関係ではない。

熊本市で出会った31歳の女性も処女だった。東京のアパレル系の企業でばりばり働くOLだったが、相手が見つからぬまま処女を通した。適齢期になり親の説得で地元の企業に再就職し「婚活」を始めたが、都会で目を肥やした彼女には、田舎の男は魅力的に映らない。

「でも、今度こそ決まりそうなんです」

「結婚相手が?」

「昔ながらのお見合いの話があって」

彼女はその男性と結ばれるまでに処女を捨てたいと言う。

「この歳で処女なんて、何か欠陥のある女だと思われそう」

「僕でいいんですか?」

「条件を守ってくれたら」

愛した男性に捧げられない悲しみ

彼女の条件は2つあった。

①セックスしたあとは確実にお別れすること

②嘘でもいいから「好きだ」と言ってくれること

①は理解できるが②に何の意味があるのだろうか。

彼女はこんな風に説明した。

「本当は愛する男性に捧げたいんですけど、残念ながら貴方のことを愛してはいません。でも、せめて貴方からは『好きだ』と言ってほしいんです。自分を好きだと思ってくれる人に捧げたいんです」

自分勝手とも思えるが、女っぽい発想だとも言える。東京の垢にまみれた女にも、乙女のたしなみが残っていたか。

午前中からラブホに入った。さっさと用事を済ませたい、そんな意向が彼女にあった。

俺は彼女の細い身体を抱きしめ、耳元で好きだと何度もささやいた。その言葉による刺激が明らかに彼女を変化させることはなかったが、何かを納得するように目をしばたたかせた。

オナニーの経験は豊富なようで、クリトリスが大きく腫れていて、息を吹きかけただけでじわっと淫帯が湿る。だが膣口は狭く、そこだけが世の中に取り残されている気がした。口を開くときれいな桃色。そこに猛る剛棒を捻じ込む。

「痛い痛い・・・すっごく痛い」

高齢処女は喪失時に激痛が走るというが本当なのだろう。以前19歳の女の処女をもらったときはこんなに痛がらなかった。

約束通りその日で別れた。正確には、午後から別れた。

今でも彼女のことを不意に思い出すことがあるが、あの痛みは本当に処女喪失の痛みだったのだろうか、と思う。

膜を破ったときの表情の歪みは、愛する人に捧げられなかった悲しみからきたのではなかったか。

耳元でささやき続けたまやかしの愛の言葉が空しく思い出される。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ