誠実さが伝わってこない女とはやり逃げして終わらせてます

またキープされてるかもしれないと思える瞬間

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
26歳 不明香川 丸亀市wakuwakumail 2019年6月23日

出会い系サイトでのやりとりはネット上の世界ですから、当然相手の表情も態度も見えず、頼りになるのは掲示板の言葉やメールの内容だけです。その意味では、相手の真意を測りかねるところがあります。メールで色よい返事をもらっても、からかわれているだけかもしれませんし、キープされているだけかもしれません。

このキープ、少し厄介です。大学入試でいうと補欠合格のようなもので、本合格した人が辞退しなければそのまま切られてしまうのです。補欠合格をもらった日から、意中の学校に入れるか入れないか、他力本願の悶々とした日々が始まるのです。

自分がキープされている身なのか、雰囲気でわかります。なんとか引き留めようとする甘い言葉と素っ気ない言葉がメールの中に共存しているからです。たとえば……。

「いつでもメール送っていいよ……必ず返事するからね! (^_-)-☆」

「LINEに切り替えてもいい?」

「時期尚早かな……もう少し待って」

「電話番号もだめかな」

「ごめ! ”(-“”-)” とりあえずメールで」

といった感じですね。

実は最近、またキープされました。

相手は20代のけっこう綺麗系の女でした。

こっちから願い下げ……さっさとやっちまって放流

(だったらこっちから先手を打つか……)

キープ状態にあるということは、あなたではちょっと物足りない、悪いけど第二希望に落とさせてもらえますか、と言われているようなもので、仮に他にいい男が現れずに第一位指名がかかったとしても、それから先長続きするとは思えません。第二希望の大学に入っても、意中の大学への重いが捨てきれず退学することもあり得ますからね。

こんなとき、僕はその女ととりあえず会って、一発やらせてもらい、さっさと終わりにすることにしています。どうせ切られるのなら、やることやらせてもらって切られる方が得だからです。

「キープでもいいからとりえず会ってくれない? 一回だけでいいからさ。そうしたらキープされたままでいいよ。いつまでも待つよ」

キープする側も、なんとか引き留めたいから、僕の申し出を簡単に断ることはしません。まして相手が永遠キープでいいと言っているのですから。

その20代の女も、話に乗ってきました。

僕は酒を飲ませてほろ酔いにし、口説きまくってホテルに連れ込みました。そしてちゃんとやらせてもらいました。ま×こに潤いがなく亀頭が痛かったですが、ちゃんと射精はできました。

そして音信不通の放流状態に入るのです。

(ざまみろ……僕をキープしようなんて100年早い)

僕の勝ちです。

出会い系でキープされているなと察したら、先に攻撃をしかけましょう。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ