読者に見せておげたいマン汁負けして荒れた肌

顔面騎乗してもらったとき、嫌な予感がした

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代後半 OL(百貨店営業)鹿児島 鹿児島市pcmax 2018年11月24日

出会い系にはいろんな女がいる。

性格的にも、肉体的にも。

だからこそ楽しいのだが、今回はちょっとまいった。美人だから許したくもなるが、この辛さを考えると、外れだったかなとも考える。

PCMAXでゲットしたのだが、最近の市場動向にしては掘り出し物級の美人だった。鹿児島美人という言葉もあり、この地域にも美人がいるのだが、彼女の美しさはもっと都会的だった。どことなくお高く止まったところがあり、事実関西の方の一流私大を出ていて、プライドも高かった。

ところが彼女、まん汁の濃度が凄いのだ。

会って二週間でセックスに至ったが、そこで興奮のあまりたっぷりと顔面騎乗してもらったのが効いた。

されているときに顔の肌がやりやりしていたが、それは数時間後に痒みに変わり、顔が赤くなったのである。そのときの顔を読者のみなさんに見せてあげられないのが残念だが、口と鼻の周辺がまだら模様に赤っぽくなっていた。

「どうしたその顔…何かに負けたようだな。入ったことのない藪に入ったろ? きっと妙な植物に触れたんだな」

職場のみんなも心配する。

要するにまん汁負けなのだ。

「入ったことのない藪に入ったろ? きっと妙な植物に触れたんだな」

→ある意味、正解。

まん汁のせいだと知らない彼女「変なもの食べたんじゃない?」

「どうしたの、それ」

彼女もしかめっ面をして俺の顔を見回す。

『おまえのまん汁のせいだ…この前の顔面騎乗の日からこうなった』

そう面と向かって言いたかったが、男が女にむかって言うせりふではないし、彼女もそれを認めたがらないだろう。そんな話きいたことがないからあり得ないというだろう。俺もそう思う。愛液でこんなになるとは思えない。

「何か変なもの食べたんじゃない? 気をつけてね。素敵なお顔がだいなしよ」

心にもないことを言う。

それから顔面騎乗は避け、クンニも顔を付けないようにしてあげた。

ところが今度はペニスに感染したようだ。

二回目などコンドーム着けずに途中まで生ピストンすることがあったが、それが原因のようだ。竿や袋に痒みがきて、顔と同じように赤くなったのである。もともと赤かった陰茎が、ますます赤くなり、痛々しかった。

さすがとその赤身は自分のまん汁のせいだと察した彼女は無口だった。

「二回目でも妊娠怖いからゴムしてね」

なんて言う。

二週間くらいして顔の皮膚も回復し元に戻ったが、彼女は何も指摘しなかった。

顔面騎乗NG。クンニは舌だけ。コンドーム必須。

これが彼女とのセックスのルールだ。



無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ