額が広くて唇が薄い女のアソコの匂い

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
26歳 銀行員群馬 前橋市YYC2016.04.12

女のアソコの生の匂いを嗅いでみたい

若い女のアソコの匂いを嗅いでみたい。

こんな欲望を持っているのは俺だけだろうか。

しかも美人のアソコの匂い。いい匂いがするだろうか。それとも臭いだろうか。いい匂いならどんな風にいい匂いなのだろう。石鹸の匂い? それとも香水? 臭いのならどんな風に臭いのだろう。まんこ臭は俗にチーズの匂いとか鰹節の匂いにたとえられるが、本当にそんな匂いがするのだろうか。

俺はずっとアソコの匂い妄想の中でオナニーしてきた。

そして俺は一大決心して出会い系に登録した。うじうじしていてもしかたない。アソコの匂いを嗅ぎたければ嗅げばいい。案ずるより嗅ぐが易し。出会い系でいい女を見つけて匂いを嗅がせてもらえばいいのだ。

そして美人を見つけた。

額が広くて唇が薄い典型的な美女だ。銀行に勤めているが、新築の賃貸マンション一人暮らしを始めたら金に困り、金欠に陥ったという。

「割り切りなら会ってもいいかも」

「いくら」

「ダブル」

美人のアソコの匂いを嗅ぐのに2万円出すのはもったいない気もしたが、セックス付きなのでまあいいかと思い、その女と割り切りすることにした。

5分間匂いを嗅ぎ続けたら怒られた

割り切りだから即会い即セックス。待ち合わせ場所からラブホにすぐに移動。顔は写真とほぼ同じだったが、思ったより背が低かった。ヒールで高く見せているが、ホテルで裸足になったら150センチそこそこになった。

「シャワーどうします? 一緒でもいいけど」

と誘ってくる。甘ったるい目をしてスケベそう。でもシャワーを浴びたら匂いが消えるではないか。今の匂い、ありのままの彼女の匂いを嗅ぎたいのだ。

「シャワーはいい。ありのままの君を抱きたい」

「またあ・・・面倒くさいだけなんでしょう。ズボラなんだから」

なんだかんだいって、彼女はありのままの肉体を俺に提供してくれた。俺は胸をドキドキさせながら息を荒げつつ彼女の股を開いた。

美人のまんこが出現。毛は薄く肉筋がくっきり見える。陰唇に毛はなく、薄桃色のマン肉がもっこりとふくらんでいる。

そっと鼻を近づける。

「すーすーくんくん・・・すーすーはあはあ」

どんな匂いだったか。

菜の花とマヨネーズを足して2で割ったような匂いだろうか。湿り気を帯びると匂いも変化する。だんだんと酸味が増してくる。

「すーすーくんくん・・・すーすーはあはあ・・・すーすーすー」

5分くらい嗅ぎ続けた。舐めたり触ったりするわけでもなく、ひたすら匂いだけを嗅いだのだ。

「ちょっと・・・さっきから何してんの? なんで匂いばっか嗅いでんの? 頭おかしいんじゃない?」

怒られた! 笑。

それから普通にセックスした。セックスのあともう一度匂いを嗅いだらたしかに鰹節の匂いがした。

アソコの匂いは噂どおり鰹節に匂いがすることがわかった出会いだった。

今回の利用サイト [YYC]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ