顔にぶっかけたら口をきいてくれなくなった

ぶっかけたら女は歓ぶものと信じていた

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代前半 フリーター富山 富山市wakuwakumail 2019年5月16日

上目遣いにこっちを見ている20代前半のフリーターの女を見つけたので、メールした。

プロフには「遊びたい」と書いてあっただけで、とくにエッチ目的な風ではなかったが、すぐに会えるなら一緒に遊んでやる、みたいなことを書き、こっちはエッチ目的なのだということを遠回しに伝えた。

「大人の遊びがしてえ……」

「大人の遊びってなに」

「知ってるくせに」

「とりあえず遊びたい。ワッフル食べたい」

ワッフルとは何かの隠語だろうかと想像したりネットで調べたりしたが見当が付かず、会ってみると本当にワッフルが食べたかったらしく、ワッフルを食べに行った。

「もう一度聞くけど大人の遊びってなに」

「ラブホでやること」

「やっぱそうか……」

意外に話がわかる女で、それからラブホに入ってセックスした。

俺には昔からやってみたいプレイがあって、その機会を探していたのだが、彼女にやってやろうと思った。

それは「ぶっかけ」だ。

精液を女の顔にかけることをぶっかけという。

女はぶっかけされたら嬉しいのだと、俺は真面目に信じていた。

あれはAVの世界だけの話なのか

「ねえ、コンドーム使ってくれないの?」

生で挿入しようとしたら、彼女が不安気な顔をした。

「最後は外に出すから心配無用」

「我慢汁も危ないんだよ」

「我慢汁が出るまで持たないと思うから」

俺は割とイキやすい男なのだ。

正常位でハメてしばらくピストンした。想像した通り緩い女で、性格もまんこもゆるゆるだった。ゆるめのまんこは経験豊富の証。ぶっかけだって経験済みのはず。

俺は彼女の顔のパーツを確認しながらピストンした。出すときどこに狙いを定めようか、などと考えながら。

「おおう……うううっ で、出るう」

「あんっ……やああああっ! そ、外に出してよおおお」

ペニスを抜いて、もぞもぞと上の方に移動し、顔面めがけてぶっかけた。鼻の下を狙ったのだが、興奮でそれて目と頬に飛び散った。

「っやあんっ! なにいいっ!」

目を閉じた彼女はしばらくじっとして動かなかった。

「ティ、ティッシュ……取って……」

ティッシュで顔を拭く。

「もう帰るわ……こんな汚いことされたの初めて」

彼女はかなり怒っている。

「ぶっかけ嫌いなの?」

「好きな女はいないわ……あんたちょっと、AVの見過ぎとちゃう?」

それから口をきいてくれなくなった。メールも来ないし、音信不通。

女は決してぶっかけを好まない。

どうしてもやりたい場合は、事前に相談し、了解を取っておくべきだ。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ