風俗プレイを強制したら切れた女

ローション付きぱいずりとスマタを要求

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代半ば 職探し中東京 北区yyc 2020年2月18日

YYCのサイトで見つけたその女は、どこかモノ寂しそうで、一方世間に対して恨みか何か持っていそうな、強い目つきをしていた。顔を補正して別人の写真に加工し、チャラついた女が多い中、そんな個性的な女はどこか惹かれる。俺は腫れ物に触るようなていて、ゆっくりと彼女に迫っていった。メールで会話するうちに、以外にエッチに寛容な女だということがわかり、これは「会うことができればセックスはかたい」と思ってデートに誘った。

スタイルはなかなかよかった。寒目の季節なのに軽装なのは、おのれの美貌を強調したいがためか。腰のくびれは美しく、ルーズなジーンズからは、白い尻肉が少しのぞいている。

彼女は職探し中で、前の職業は風俗(デリ)だったとあからさまに語った。

―すげえ……もと風俗嬢かよ……しかもデリ嬢―

俺がすぐに頭に浮かんだのはデリヘルのエッチプレイだった。

―元プロにしてもらいたい―

俺は彼女をホテルに誘った。

「どいつもこいつも勝手なんだから……」

ホテルに入ったら、開口一番、俺は希望するプレイを口にした。

「パイズリとスマタしてくんない? あとフェラ……オプションで前立腺マッサージ」

寂しそうな表情やたまに見せる笑顔は完全に失せ、もう一つの顔(世間に対するアグレッシブな目線)が急激によみがえってくるのを俺は見逃さなかった。

「まじで言ってる?」

「だって得意でしょ」

「ふざけんなよ……今は風俗嬢じゃねえよ」

「そこをなんとか」

「どいつもこいつも勝手なんだから……」

風俗の仕事にあまりいい記憶がないようだ。

しかたなく彼女はデリヘルプレイの準備を始めた。ホテルの中の自販機でローションを買い、面倒くさそうにプレイに入る。

「適当にやるからね……仕事じゃないんだから」

それからパイズリ、スマタ、ローション手コキ、最後にフェラとプレイは進んだが、スゴく気持ちよかった。彼女は目に見えて適当な態度だったが。それでも破格の快感を生んだのだ。

―さすがはもと風俗嬢―

職が見つからなきゃいいな、と思うこのごろ。

俺専用の風俗嬢でいてほしい。

金は出さないけど。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2020最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ