黒いコンドームを怖がる彼女

真っ赤な亀頭を隠すために使い出した黒いコンドーム

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20歳 女子大生宮城 仙台市yyc 2019年7月30日

赤い亀頭がどうも気に入らない。俺は童貞ではないが、やや仮性包茎気味で、皮を剥くとホオズキのような亀頭が現れる。これが小児チンポの典型のように思われ、ずっとコンプレックスだった。金を払って性欲を満たすだけの風俗遊びであれば客が優位に立てるので気にすることもないが、相手が対等な素人女だとそうは行かない。形の悪いマンコに女が自己嫌悪に陥るように、俺も下半身を気にしてしまう。

対策として、黒いコンドームを使うようにしていた。黒は小児チンポを大人のチンポに変える。少なくとも赤い亀頭は見えなくなり一安心というわけだ。フェラもゴム有でしてもらい、最初から最後まで黒装束でセックスを楽しむ。生で触られたり舐められたりする快感は得られないが、コンプレックスを消すほうを俺は選んだ。

さいきんYYCで仙台に住む女子大生とセフレになって不定期にホテルでセックスしているが、もちろん黒いコンドーム持参だった。勃起したら女に見えないようにゴムをかぶせ、女体に潜り込む。

考えてみたら赤い亀頭はピンクのコンドームでも隠せるね

ところがこないだ予想もしない事態が訪れた。

「黒いコンドーム嫌いなんだけど」

彼女が乳を隠しながら少し身を引いた。前戯を終えていよいよ挿入という、セックスでもっともワクワクする瞬間、そんなことを言われた。

「なんで」

「怖い……」

「怖い?」

「そう、怖い」

太くて長い陰茎に黒いコンドームがまきついている姿が、悪魔の化身のように見えるようで、ムードが半減するらしい。日に当たっていない下腹部の肌は白く、そこから真黒な肉棒が突き出ている。陰毛の黒は許せるが、黒いコンドームチンポは許せない……。

「何色ならいいの」

「ピンクかな」

ピンクに変えないとセックスさせてくれないような勢いだったので、試しにホテル常備のコンドームを出してみると偶然にもピンクだった。俺は仕方なくピンクのコンドームに履き替えた。

(おお、これは……)

なんでこんな単純なことに気づかなかったのだろう。ピンクこそ赤い亀頭を隠してくれるではないか。そもそもコンドームがピンクだから、亀頭もピンクになって当たり前。ピンクはピンクを隠すのだ。

「こ、これでいいか」

「OK」

しおらしく股を開く彼女。

それからピンクのコンドームしか使っていない。

日本製のコンドームにピンク色が多いのは、日本人男性に仮性包茎が多いからだろうか。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ